ニュース

ニュース内を

2020年12月17日
No.10002064

ダイコク電機は仕事と生活を両立できる会社
名古屋市がWLB推進企業に認証

ダイコク電機は12月15日、「名古屋市ワーク・ライフ・バランス推進企業」の認証を取得。栢森雅勝会長が名古屋市の河村たかし市長から認証書を受け取った。

この認証制度は名古屋市が2017年にスタートさせた。市内に事業所をもつ企業や団体からワーク・ライフ・バランス(WLB)に関する取り組み内容を受け付け、一定基準を満たしているか審査。25項目で計30点以上を得た認証企業等の取り組みを、市の公式Webサイトやなごやジョブサポートセンターで紹介している。

ダイコク電機は、育児や介護などで就業時間に制約がある従業員に配慮した時短勤務制度を整えているほか、テレワーク、残業時間の削減を推進。誕生日休暇、結婚記念日休暇、24時間体制で健康相談できるサポート窓口などを規定している。

「引き続き従業員に対して、子育て支援や有給休暇の取得促進、長時間労働の抑制など、ワーク・ライフ・バランスの取り組みを推進し、従業員が仕事上の責任を果たすとともに、生活と仕事を両立しながら、多様な生き方を選択・実現できる職場の実現を目指します」(ダイコク電機)

認証書を受け取る栢森会長(右)

■ダイコク電機の取り組み
マイライフ勤務(結婚・育児・介護による時短勤務)制度
テレワークや残業削減推進
スライド勤務制度
半日有給休暇/時間単位の有給休暇制度
誕生日休暇/結婚記念日休暇制度
通信教育補助制度
24時間健康相談ができる健康サポート窓口設置
自社保養所/リゾート施設やゴルフ場の法人契約




関連記事