ニュース

ニュース内を

2021年02月01日
No.10002127

長崎県、横浜市  IR事業者公募を開始

特定複合観光施設(統合型リゾート、IR)の区域整備を目指している長崎県と横浜市はそれぞれ、事業者の公募・選定のための実施方針を公表し事業者募集を開始した。長崎県は1月7日に実施方針を公表、横浜市は1月21日に公表。

長崎県の資格審査書類の受付期限である1月28日までに応募したのは5事業者だった。
かねてより参入を表明していたのはカレント(CURRENT、コンソーシアム構成員:GENIUS WISE HOLDINGS LIMITED 、SONIC SUCCESS INTERNATIONAL LIMITED 、 HOI SENG SOCOEDADE UNIPESSOAL LIMITADA、CREATIVE WAY DEVELOPMENTS LIMITED)、オシドリ(Oshidori International Holdings Limited)、カジノオーストリア(CASINOS AUSTRIA INTERNATIONAL JAPAN)、ピクセルカンパニーズ(コンソーシアム構成員:TTLリゾーツ、Groupe Partouche SA、Steelman Partners、2NT8)の4事業者。応募した残りの1事業者名は不明。県は応募者の資格審査後に5事業者名を正式に公表する。

オシドリは1月28日に、この事業者公募にあたり、モヒガン・ゲーミング&エンターテイメント(アメリカ)とパートナーシップを締結したと発表した。


関連記事