ニュース

ニュース内を

2021年03月03日
No.10002174

ホール4団体誓約書確認機関
撤去未履行の全機連通知、251店舗に

ホール4団体誓約書確認機関は3月3日、運営する通報・確認システムに寄せられた通報件数(3月2日午前10時現在)を公表した。

それによれば今年1月12日以降に受けた通報件数は1174件(うち重複通報686件)で、重複する内容や趣旨とは異なる内容を除いた通報件数は380件だった。このうち348件に事実確認書を送付している。

21世紀会決議に基づく遊技機の撤去未履行を確認し、全機連に詳細を通知した店舗数はシステムの運用を開始した昨年10月19日以降、累計で251店舗258件だった。

全機連に詳細を通知した251店舗を都道府県別に見ると、茨城(66店舗)が最も多く、次いで愛知(64店舗)、千葉(31店舗)、栃木(26店舗)、岐阜(20店舗)の順に多かった。

ホール4団体誓約書確認機関は3月2日に開催した4団体会議で、以下の内容を確認。全機連に詳細を通知されたホールのうち当該遊技機の撤去を行ったホールについては、当該ホールが所属ホール団体または同確認機関に撤去の事実を報告することで、同確認機関から全機連に撤去報告を行うという。






関連記事