ニュース

ニュース内を

2021年04月12日
No.10002237

パチンコ・パチスロ参加人口 1年間に200万人減少し813万人に シーズリサーチが発表
パチンコ・パチスロ プレイヤー調査2021

遊技業界に特化したマーケティング会社シーズのリサーチ部門(シーズリサーチ)がエンタテインメントビジネス総合研究所(EBI)、アミューズメントプレスジャパン(APJ)と共同で今年2月に実施した調査からの推計によると、遊技参加人口は約813万人で前年から2割も減少した。

4月12日にシーズリサーチが公表した調査結果のサマリーによると、パチンコ参加人口は18%減り732万人、パチスロは20%減り573万人。参加者の中で高頻度プレイヤーの割合も前年調査より減少した。
パチンコ参加者の39.2%、パチスロ参加者の36.3%が、1年前と比較して遊技頻度が減った。
遊技頻度が減少した人が最も多く挙げた理由(複数回答)は、パチンコ参加者、パチスロ参加者いずれにおいても「新型コロナウイルスの感染が気になる(人の目が気になるなども含む)」で5割、次いで「外出する回数が減った」で3割。
参加者の平均投入金額はパチンコは1万6300円で前年と同水準。パチスロは1万7500円で前年より700円少なくなった。




調査は2月下旬に全国の男女18歳~79歳を対象に約3万4千サンプルのスクリーニング調査を行い、過去1年以内の遊技経験者1500サンプルを抽出した本調査を実施。スクリーニング調査、本調査いずれも、性・年代の人口構成に合わせたウェイトバック集計を行った。
調査時に「過去1年間に1回以上当該種目を遊んだ人」を参加者と定義している。


アミューズメントジャパンではこの調査データを独自に分析した記事を、月刊アミューズメントジャパンおよび週刊アミューズメントジャパンで近日リリース予定。

シーズリサーチは今回公表したデータの性・年代別ブレイクダウンや年度推移、その他パチンコ・パチスロ遊技者の遊び方や意識(店舗選択の理由、機種選択の理由etc.)を調査した結果をまとめた書籍『パチンコ・パチスロプレイヤー調査2021』を5月下旬に刊行予定。
購入のお問い合わせ(株)アミューズメントプレスジャパンまで、電話もしくは問い合わせフォームでご連絡ください。
購入申し込み(予約)はこちらのフォームで承っています


関連記事