ニュース

ニュース内を

2021年04月22日
No.10002253

全日遊連 全国理事会
Webフォーラムで依存問題啓発へ
パチンコ・パチスロ依存問題啓発週間に開催

全日本遊技事業協同組合連合会は4月16日、都内で全国理事会を開催。今年のパチンコ・パチスロ依存問題啓発週間(5月14日から20日まで)には、パチンコ・パチスロ産業21世紀会のWebサイト「安心娯楽宣言」内でWebフォーラムを開催することを報告した。

フォーラムのタイトルは「パチンコ依存って何? ~専門家の方々に聞いてみました!~」。21世紀会の阿部恭久理事長の代表挨拶に続き、5人の専門家がそれぞれの立場からアドバイスを行う。登壇者は、リカバリーサポート・ネットワークの西村直之代表理事、諏訪東京理科大学の篠原菊紀教授、浦和まはろ相談室の高澤和彦代表、司法書士の稲村厚氏、ワンデーポートの中村努施設長。主にSNSで事前告知を行い、啓発週間後も1年程度は閲覧できるようにするという。

このほかオリンピック開催期間中も計画的に入替を進めることが確認された。阿部恭久理事長は「11月末までに向けてやらざるを得ない」と述べた。


関連記事