ニュース

ニュース内を

2021年05月14日
No.10002280

警察庁
20年末時点のホール店舗数は9035軒
「令和2年における風俗営業等の現状と風俗関係事犯の取締り状況等について」

警察庁が5月13日に発表した統計によると、2020年12月末時点の全国のパチンコホール店舗数は9035軒で、前年同月より604軒(6.3%)減少した。パチンコ・パチスロ併設店が8203軒(同6.2%減)、パチスロ専門店が832軒(同6.7%減)。

スマートボール等を含む遊技機総台数は400万4787台で、同19万1143台(4.6%)減少した。パチンコ機は243万2563台で同4.9%減。パチスロ機は157万2048台で同4.0%減。

遊技機総台数を総ホール数で割った、1店舗当たりの備え付け台数は443.3台だった。同8.0台(1.8%)の増加。総設置台数101台から300台までの店舗が325軒(10.6%)減少したことによる影響が大きい。


関連記事