ニュース

ニュース内を

2021年06月07日
No.10002308

サミーネットワークス
「777EC」で遊技機保証書を電子化
DXでホールの業務効率化をサポート

サミーネットワークスは6月11日から、同社のECサイト「777EC」(スリーセブン・イーシー)における電子商取引で保証書の電子データ保存サービスを開始すると発表した。今後、遊技機の保証書など各種帳票の電子化が進むことによって、ホールのコスト削減や書類保存の簡易化といった、さまざまなメリットが生まれそうだ。

サミーネットワークスでは昨年8月に「777EC」を本格始動。それまでサミーが提供していた「Sammy Plus」の機能を使って、遊技機に関する販売からアフターサービスまでを統合したプラットフォームをワンストップサービスで提供。新たなサービスとして、クレジットカードでの支払いも可能となり、新台購入時に付与されるポイントを次機種以降で利用できるオンラインならではのサービスも評価されている。

今回の保証書の電子化は、昨年12月28日に警察庁が発出した「風営適正化法の解釈運用基準について」とした通達で、押印又は署名を必要とする規制の見直しが行われたことを受けて実用化を進めていたもの。サミーグループでは保証書の電子化に先立ち、5月10日から新台・部品の保証書やその他帳票8種類の押印を廃止していた。

電子データ保存サービスの開始に伴い、サミーグループではEC製品の保証書の電子化をスタートする。こうしたデジタル化が実現できたのは、現在8000店舗以上で利用できる「777EC」というプラットフォームが構築されていたからだ。

申請書類の電子化で
ホールが受けるメリットとは


遊技機本体に対して添付される保証書が電子化されることで、ホールのコスト削減やメーカーの工数削減による効率化が期待される。

保証書は、遊技機の入替に係る変更承認申請において提出が必要となる。これまではメーカーが発給し、新台の納品前に書類単体で配送されることが一般的だった。保管方法はホールによって異なるものの、PDF化するとともに、紙でもそのまま保管することが多いという。仮に紛失した場合、再発行の書類代金、そして取り寄せる場合の郵送費など再発行コストが必要であり、メーカー側も全国の各ホールに書類を配送する作業が必要だった。

電子化によって、保証書を紛失した際の再発行コストや郵送コストなどが削減されるだけでなく、書類が手元に届く期間の短縮化などのメリットもある。ホールによっては、行政書士に書類作成を外注しているところもある。また、地域によっては所轄で保証書が受理された順番で開店検査予約を取るケースもある。そのため保証書の着日はホールにとって重要な事項となっている。

都内のホール店長は「電子化は時代の流れ。保証書の保管・管理が容易になるだけでなく、店舗側の作業も大きく改善される」とデジタル化を歓迎する。

サミーネットワークスは「メーカーではこれまで、人手によって一度に大量の書類を発行・発送していたため、人的ミスをゼロにすることは難しかった。そうしたロスが減ることで、ホール様の利便性の向上をご提供できる。さらに、メーカーに対しても保証書の作成にかかるコストや発送コストの削減に寄与することができる」としている。

今のところ行政への提出書類の電子化がされていないため、申請書類をデータとして受け取っても結局は紙に出力する必要があり、保管も紙が基本となってしまう。ただし、すでに押印が不要になっているほか、今年9月にはデジタル庁が新設されることも決まった。将来的には警察行政への申請もデジタル化が進むことが予想される。

メーカー、ホール、行政とワンストップでデジタル申請まで完結できるようになれば書類電子化のメリットはさらに高まっていくはずだ。サミーネットワークスでは「今後もパチンコ・パチスロ産業のDXを推進することで、ホール様にさらなる利便性をご提供していきたい」と意欲を見せている。


電子保証書スタート記念
好評2機種を「777EC」特別価格で提供


サミーグループではEC製品電子保証書の導入記念として、市場で評価の高いパチスロ2機種をECサイト専用の特別価格で販売する。コロナ禍において対面営業が難しくなっている中、「EC販売で価格面や利便性でさらなるメリットを提供していきたい」としている同社が推進する業界のデジタル化に注目が集まる。

『パチスロ頭文字D 啓介パネル』(再販)
©VisualArt’s/Key/Angel Beats Project ©Sammy

『パチスロAngel Beats!』(再販)
©しげの秀一/講談社・2014新劇場版「頭文字D」製作委員会
©しげの秀一/講談社・2015新劇場版「頭文字D」L2製作委員会
©しげの秀一/講談社・2016新劇場版「頭文字D」L3製作委員会
©Sammy




関連記事