ニュース

ニュース内を

2021年09月22日
No.10002477

日本版 統合型リゾートのゆくえ
日本は区域認定申請を停止し見直すべき by Muhammad Cohen
Integrated resorts experiment must change to succeed

ムハマド・コーエン 元米国外交官。2006年からアジアのカジノビジネスを取材し、現在はICE365.comのコラムニストやForbesへの寄稿者として活躍している。返還前の香港を舞台にした小説「Hong Kong On Air」の著者。

横浜市長選でIR導入反対派の山中竹春氏が当選したことで、市が進めてきたIR設置運営事業者の募集プロセスの中断が濃厚になった。しかしすでに日本の区域認定プロセスや規制は、カジノ業界の興味をそいでしまっている。

横浜市のIR導入中断により、3つを上限としたIRライセンスは、事業者募集を進めている和歌山県、大阪府・市、長崎県の中から選ばれることになった。承知の通り、これら候補地には日本の二大都市(東京都区部と横浜市)も主要観光地も含まれていない。選定された3事業者の中には、世界トップ15のカジノ企業のうち1社しかない。日本という、いまだカジノ産業がない肥沃な市場における立地選定、事業者選定において、このような事態になることを当初は誰が予想しただろうか。

残った3つの候補地のうち大阪は、ラスベガスの大手MGMリゾーツ・インターナショナルと地元のオリックスグループによる1兆円を超える大規模投資を支えるに足る、十分な周辺人口と観光客の基盤を持っている。しかしながら、和歌山および、選定プロセスの信頼性に疑問が投げかけられている長崎は、IRの成功を確信できるような市場規模を持っていないというのが私の見方だ。よって、政府は大阪のみを区域認定し、残りの2枠については新たな応募を募るべきだろう。菅首相の退任は、~~記事全文は月刊アミューズメントジャパン2021年10月号をご覧ください。


   *   *


 Yokohama’s withdrawal leaves three IR licenses available for three declared candidates but those candidates don’t include Japan’s two largest cities, its most populous region or its leading tourist destinations and includes only one of the world’s top 15 casino companies. That’s a situation no one expected for the largest and richest market still without casino gambling, and one that demands a response from national authorities.

 Of the three remaining contenders, Osaka has a sufficiently large local and visitor base to support an IR investment exceeding \1 trillion (US$9.1 billion), to be developed by Las Vegas giant MGM Resorts International and local champion Orix Group. Beyond probity questions in Nagasaki and Wakayama, the bidders don’t have the market size to ensure success. The government should only award a license to Osaka while inviting new applications for the other two available licenses.

 The exit of Prime Minister Yoshihide Suga presents a golden opportunity to pause and rethink the entire IR process, hoping to increase interest from more Japanese cities and prefectures and more top-notch casino operators. Companies such as Las Vegas Sands have complained about regulations and requirements limiting potential returns. In the wake of Covid, the mandate for each IR to have convention space larger than any facility now in Japan seems especially inappropriate. More flexibility on the size and type of non-gaming facilities should stimulate greater interest.

 Without changes, Japan’s integrated resort experiment will never become the catalyst for the economic growth the nation needs.


Muhammad Cohen
Former US diplomat Muhammad Cohen has covered the casino business in Asia since 2006, currently as a columnist for ICE365.com and a contributor to Forbes. He’s also the author of Hong Kong On Air, a novel set during the 1997 handover about TV news, love, betrayal, high finance and cheap lingerie.


関連記事