ニュース

ニュース内を

2021年10月06日
No.10002494

サミーが超ディスクアッパー選手権HYPER開催へ
優勝賞金は今年も331万円

ⓒSammy

サミーは「超ディスクアッパー選手権HYPER」を開催する。10月30日から地区予選およびシミュレーターアプリ予選を実施。来年1月15日に東京・大崎のサミー本社で決勝大会を行う。優勝賞金は331万円。参加費は無料。

回転するリールの絵柄を特定の位置で停止させる目押しのスピード、正確性、コンボ力、運、集中力を競う同選手権では、前回大会と異なる競技ルールを採用する。各ステージの規定ポイント達成が条件となる「3ステージ制」を導入し、ステージが進むほど難易度の高い目押しが要求される。参加者の技量は、新しい競技専用機種「超ディスクアップHYPER」が得点化する。

地区予選は全国7会場で開催する。開催日程は10月30日の東京予選を皮切りに、11月6日に札幌、大阪、広島。11月13日に仙台、名古屋、福岡。各地ともサミーの支店で行う。参加するには公式Webサイトから事前エントリーが必要だ。シミュレーターアプリ予選は10月30日から11月17日までを予定している。

女性限定の「SINDY CUP」も同時開催する。参加資格は地区予選で全国成績上位5位までに入賞した女性。決勝大会進出者およびシミュレーターアプリ予選参加者は除かれる。対象者は決勝大会に招待され、「SINDY CUP 決勝戦」に挑戦。優勝者には賞金10万3100円が贈られる。

競技専用機種「超ディスクアッパーHYPER」

公式Webサイトhttps://www.sammy.co.jp/japanese/Psports_chodiscup_HYPER/
エントリーこちら。高校生を除き、18歳以上であれば誰でも参加できる。
シミュレーターアプリここからインストールできる。


サミーは遊技における技術(スキル)などを「スポーツ」と捉えた「P-SPORTS」(ピースポーツ)を商標登録。ぱちんこ・パチスロの新たな遊びのカタチとして、「今までにない新しい競技カルチャー」と定義している。

今大会はP-SPORTSの第二弾。昨年開催したP-SPORTSの第一弾「超ディスクアッパー選手権」では、アプリ予選から決勝に駒を進めた北海道出身の「よしお」さんが、逆転Vから初代チャンピオンに輝いた。




関連記事