ニュース

ニュース内を

2022年03月24日
No.10002720

日工組・日電協
新6号機とスマート遊技機の見通しを発表
スマートパチスロは11月納品を目標に

日本遊技機工業組合と日本電動式遊技機工業協同組合は3月24日、「新6号機・スマート遊技機の見通しについて」と題した文書を業界誌に発表した。

両組合では4年前の規則改正以来、パチスロの遊技性の向上を目的として、「低ベース化」「有利区間ランプの廃止」「有利区間のゲーム数の延長」などパチスロAT機の自主規制の見直しを図ってきた。さらに2400枚規制の解釈基準がMY から差枚数へと変更され、この一連の見直しによりパチスロの遊技性が大幅に向上する見通しとなった。

文書では、これらの新機能が搭載されたパチスロの供給見通しについて以下のように発表した。

・本年5月末頃から有利区間4000ゲームの差枚数管理の機種、いわゆる4000ゲーム機が登場。
・本年7月に販売を予定していた、有利区間ゲーム数の規制のない差枚数管理機、スマートパチスロは、世界的な電子部品のひっ迫による専用ユニット調達の遅れから、本年11月の納品を目標とする。

スマートパチンコについては、スマートパチスロと同様に専用ユニットの調達見通しの関係から、スマートパチスロに若干遅れて来年1月の納品を目標にするとし、「現行機よりも遊技性を拡げた新たな機能を搭載した仕様とすることを予定している」という。



関連記事