ニュース

ニュース内を

2022年06月09日
No.10002848

大阪府遊協が市議会の決議に反論

大阪府遊技業協同組合は6月3日、大阪市内のシェラトン都ホテル大阪で通常総代会・定時総会を開催した。

平川容志理事長は、5月25日に大阪市議会が「パチンコ、パチスロ等をギャンブルに位置づけ、ギャンブル等依存症防止のための適切な対策を促進させることを求める意見書」を可決した件について触れ「遊技業界は健全に運営を行ってきた。本当に違法なネットカジノやオンラインカジノ等と同列に並べて貶めようとする政治的発言は絶対に許されない。内閣幹部から”遊技業界は依存対策にしっかり取り組んでいる”と評価をもらった資料と陳情書を市議会議長に提出した」と述べた。
 
また、大阪府警察本部生活安全部の奈良沢光明部長も登壇し、「大阪府遊協には、特殊詐欺や性犯罪撲滅のための広報啓発活動、地域の防犯パトロールを行うための車両・青色防犯パトロールの寄贈など、社会貢献活動に尽力していただいた。非常に感謝する」と語った。

平川理事長



関連記事