ニュース

ニュース内を

2018年03月09日
No.10000544

シンガポール視察研修(4/23-26)参加者募集開始~インバウンド先進国でビジネスのヒントを探る
日本版IR開業&観光客増加のチャンスをつかむために!

統合型リゾート(IR)の開業以降、遊技業界でも多くのホール企業、組織団体がシンガポールを訪問しマリーナベイサンズ、リゾートワールドセントーサ内を見学しています。
しかし、ほとんどのホール企業にとって、日本版IRの運営事業体に参画できる可能性は極めて低いことを考えると、視察すべきはIR施設の「外側」ではないでしょうか? 

日本にIRができたとき、IRの周辺にあるどのような業種が活性化するのか? 外国人訪問者が増えたとき、その都市にはどんなニーズが生まれるのか? ゲストにIRの外側に出てきてもらうためには何が必要なのか?  

そのヒントは、2007年から2012年にかけて急成長したシンガポールの観光産業にあるはずです。
そこで、アミューズメントジャパンは、「IRの外側を見る」をテーマにしたビジネス視察研修を企画いたしました。当時、シンガポールの観光産業で業界の拡大を目の当たりにしていた方々を講師に招いた、貴重な講演も用意しています。

■研修日程
4月23日(月)~26日(木)
*シンガポールには4/23(月)朝までにご到着ください。

■参加費用
20万円/1名様 
*上記研修費用には渡航費・宿泊費・食費を含みません
*研修は現地でご提供するもので、現地集合・現地解散となります。
*各自ホテル・航空券を手配しシンガポールにお越しください。

■本件のお問合せ先
株式会社 アミューズメントプレス ジャパン 
TEL 03-5447-0555 担当/田中・粂川(くめかわ)

■研修内容(予定)

観光産業関連事業者・識者(下記)によるレクチャーを交えた、主要部(マリーナベイサンズ周辺、リゾートワールドセントーサ周辺、金融街、ブランドショップ集積地、F&B集積地など)を視察します。

K.ティルー氏/James Cook University Singapore教授
教授の専門はシンガポールでは数少ない「ツーリズム&ホスピタリティ産業マネジメント」および「ラグジュアリーツーリズム・マーケティング」。<レクチャーテーマ> シンガポールの観光産業はどうやって成長したのか? インバウンドを拡大するための日本の課題は何か?

ジョン サルテイン氏/Hospitality Resource Solutions オーナー&MD
同社はホテル業界ベテランのサルテイン氏が2015年に立ち上げた客室クリーニング事業会社(IRからも受注)。創業者のサルテイン氏はシンガポールの大型ホテルMandarin Orchard Hotel(1200室)の元ゼネラルマネジャー。<レクチャーテーマ> 2007年~12年にシンガポールで何が起こったのか? ツーリスト増加でホテル産業に起こった問題と、それを解決する独自手法"PROCESS COMPRESSION"とは?

イアン シム氏 /1-Altitude ゼネラルマネジャー
シンガポールで最も成功しているナイトクラブ1-Altitudeを経営するF&B企業One Groupのナンバー2。シム氏は2009年の店舗開設準備プロジェクトに参加し開業後にはゼネラルマネジャーを務めている。<レクチャーテーマ> ツーリストの消費を増やすために必要なナイトエコノミーの成功事例を「ライフスタイル・デスティネーション」を標榜するF&B、クラブから学ぶ。

アンドリュー チャン氏/ACI HR Solutions ファウンダー & CEO
同社は観光・旅行・ホスピタリティ産業のエグゼクティブサーチ(幹部対象の人材紹介)および人事・人材トレーニング会社。アンドリュー氏は業界カンファレンスでは人気の講師。IR開業準備中のシンガポールでは、2つのIRに対して人材面のサポートを行っていた。<レクチャーテーマ> IR開業前と開業後のシンガポールの変化、IR周辺で活性化した産業は何か?

田中 剛 /Amusement Press Japan 執行役員 出版事業部統括部長
広告代理店、マーケティングリサーチファームを経て、2000年、遊技業界専門誌「アミューズメントジャパン」に参画。07年~14年編集長、15年1月より現職。アミューズメント、レジャー領域の取材の傍ら、世界8カ国12都市のカジノ・IRを取材。17年Japan Gaming Congressにスピーカーとして登壇。17年発刊『日本版IRの全貌』にインタビュー記事掲載。本研修のオーガナイザー。


関連記事