ニュース

ニュース内を

2018年09月14日
No.10000807

OSGグループ
高級食パンでFC展開
9/13オープン『銀座 に志かわ』

高級食パンはメディアにも取り上げられるなど一大ブームとなっている

アルカリ水自動販売機などの製造を手がけるOSGグループは、三重県で513ベーカリーを展開するコサインズと広告会社のネクスト・ワンの3社で東京・銀座に食パン専門店『銀座 に志かわ』本店を9月13日にオープンした。

『銀座に志かわ本店』は“水”にこだわった高級食パンのお店。「水も素材のひとつ」と位置づけ、アルカリイオン水を仕込みに使うなど素材の旨味を最大限に引き出す製品開発を行っている。

通常の食パンと比べ、甘く、柔らかいのが特徴だ。紙袋は銀座らしい高級感あるデザインで、手土産などにも重宝される。


13日のオープンには、店先に40人ほどの長蛇の列ができた。来店客の中には、地方から『銀座 に志かわ』の食パンを買うために銀座まで来た人がいるなど注目の高さが伺えた。

今後、『銀座に志かわ』はFC展開を予定。商品は食パン(800円税抜き)1種類で、こだわりの食パンを全国に届ける。多くのベーカリーが水道水で生地をつくる中、水のプロがつくる高級食パンが新たなトレンドになりそうだ。

来店第1号の女性客2人と高橋仁志社長(左)、宮崎秀敏取締役(右)


銀座 に志かわ
東京都中央区銀座1丁目27-12 キャビネットビル
TEL:03-6263-2400


関連記事