特集記事

特集記事内を

2018年09月21日
No.10000819

大一電機産業
7インチ大型液晶搭載の最新作
『デー太郎ランプHarrier(ハリアー)』

メニューボタンからデータを呼出すわかりやすい操作性も評価されている

業界最大級の7インチ液晶を搭載、業界で初めてスピーカーを標準で実装するなど、話題豊富な『デー太郎ランプ』シリーズの最新作が年末に登場する。稼働を向上させ、遊技空間に華やかな活況感を演出するツールとして期待がかかる、大一電機産業の液晶搭載型呼出しランプの最高峰だ。


「業界最大級の7インチ液晶」は、iPhone8 Plus(5.5インチ)よりもかなり大きく、iPad mini(7.9インチ)よりも若干小さいサイズ。従来の5インチ程度の液晶搭載型呼出しランプと見比べると、その大きさがよくわかる。


多彩な機能を組み合わせ
液晶表示部をカスタマイズ

この大きな画面を10の領域に区分、さまざまなブロックパーツを組み込めるカスタマイズ機能が特徴の一つだ。上の筐体写真の合成確率、最大差枚数、スランプグラフ、履歴、ボーナス分布グラフの組み合わせは、パチスロ用の標準的なものだが、他にも多彩なブロックパーツの中から自由に組み合わせることができる。

パチンコでは、設定搭載機の設定推測に必要な確変中の大当たり確率や出玉などのデータを組み合わせた表示が可能だ。また、組み合わせを複数作り、自動画面切り替えで順番に表示できるので、大当たり履歴やスランプグラフなどを1点だけ選び画面いっぱいに表示すれば、年配の常連客が多いホールでは特に喜ばれる。

D‐NETシステムとの連動で、全台データやランキングが閲覧できるのも大きな特徴だ。データの豊富さに加え、参照スピードもクラス最速級。プレイをしながら移動先の台を検討できるので、稼働向上にも貢献する(パチンコからはパチンコのみ、パチスロからはパチスロのみデータ閲覧が可能)。

スピーカー標準搭載で導入コストの削減にも貢献。
左右のLED部は白のほか7色に変化、遊技空間を鮮やかに彩る


優れた機能と操作性が
遊技をさらに快適に


プレミアムカーをイメージしたデザインに、呼出しランプタイプではスピーカーを業界で初めて標準搭載。ダイナミックなサウンドと左右のLEDランプの光が、遊技空間に活況感を演出してくれる。また、メニューボタンや呼出しランプの操作性の良さは、デー太郎シリーズならでは。手元近くの台間ユニット部に操作パネル『ポチ太郎』を接続すれば、データ閲覧やスタッフ呼出しの際に手を伸ばす必要がなく、さらに快適な遊技が楽しめる。

呼出しランプ操作パネル『ポチ太郎』



関連記事