特集記事

特集記事内を

2019年03月14日
No.10001071

大一電機産業『デー太郎ランプHarrier(ハリアー)』『デー太郎Ω2』
ストレスフリーで快適遊技に貢献
『ジャンボ邑久店』(岡山県瀬戸内市)

『デー太郎ランプHarrier』を設置したパチンココーナー

昨年末にグランドリニューアルオープンした『ジャンボ邑久店』(岡山県瀬戸内市)。地域密着型店舗をめざし会員アンケートを実施、「スランプグラフ機能付きで使いやすいものを」という声に応え導入したのが、大一電機産業の『デー太郎ランプHarrier』と『デー太郎Ω2』だ。


「お客様に喜んでいただけるように機能が優れている製品を、という理由で選びました。特にパチンココーナーに導入した『デー太郎ランプHarrier』は、年末に販売されたばかり。中国地方では、まだどこも入れていないという点も決め手になりました」(中田育洋店長)

中田店長

同製品は、大一電機産業の液晶搭載型呼出しランプの最高峰。業界最大級の7インチ液晶を搭載。従来の5インチ程度の液晶搭載型呼出しランプと見比べると、その大きさがよくわかる。

この大きな画面を10の領域に区分、さまざまなブロックパーツを組み込めるカスタマイズ機能が大きな特徴だ。パチンコでは、設定搭載機の設定推測に必要な確変中の大当たり確率や出玉などのデータを組み合わせた表示が可能だ。

組み合わせを複数作り、自動画面切り替えで順番に表示できるので、大当たり履歴やスランプグラフなどを1点だけ選び画面いっぱいに表示すれば非常に見やすく、同店のように年配の常連客が多いホールでは特に喜ばれる。

呼出しランプタイプではスピーカーを業界で初めて標準搭載。ダイナミックなサウンドと左右のLEDランプの光が、遊技空間に活況感を演出してくれる。また、メニューボタンや呼出しランプの操作性の良さは、デー太郎シリーズならではだ。

パチスロコーナーの活況感づくりにも貢献する『デー太郎Ω2』

パチスロコーナーには15.6インチワイドの大型液晶画面を搭載した『デー太郎Ω2』を導入。表示部下部のタッチパネル操作により、多種のデータ画面をスムーズに表示することができる。インジケータランプ部を利用して文章を表示する「光のスクロールメッセージ」を搭載し、遊技客やスタッフに文章でのアピールが可能だ。

スピーカー内蔵で、遊技客への告知やスタッフへの通知をランプの点灯・点滅と合わせて効果的に伝えられる点も喜ばれている。

『ジャンボ邑久店』の店舗づくりのコンセプトは“アットホームジャンボ”。お客様に自宅のようにくつろぎながら、快適に遊技していただきたいという想いから設備やサービスの充実に力を入れている。「快適な遊技のためには、呼出しランプのデータ表示機能が使いやすく、ストレスフリーであることも大事です。そういう意味で大一電機産業の製品は非常に良くできていると思います」(中田店長)





関連記事