ニュース

ニュース内を

2019年02月06日
No.10001012

大都技研
純増約8.0枚の6号機が登場
『Re:ゼロから始める異世界生活』プレス向け試打会

プレス関係者もATの性能を体感した

大都技研は2月6日、同社2機種目となるパチスロ6号機『Re:ゼロから始める異世界生活』のプレス向け試打会を開催した。

同名の大人気アニメとのタイアップ機で、純増約8.0枚/Gのゲーム数上乗せ型AT「ゼロからっしゅ」を搭載。メダル減少区間がないストレートATで、突入時に必ずゲーム数上乗せ特化ゾーンからスタートする。AT中はゲーム数上乗せと特化ゾーン、疑似ボーナスで出玉獲得を目指す。

通常時は「Re:ゼロぽいんと」を貯めてアイテムを獲得。AT当選のチャンス「白鯨攻略戦」では、獲得したアイテムを駆使して白鯨を3体撃破できればAT突入となる。ATスタート時は、8ゲーム+α継続する特化ゾーン「おねだりAttack」から始まり、全役でゲーム数を上乗せ。平均上乗せゲーム数は設定1で約100G。

AT完走濃厚となる「ゼロからっしゅMAX」やAT終了時のフリーズなどにも注目。最速約20分でAT完走が可能な本機は、夕方以降の稼働にも期待できる。また、アニメファンを満足させる演出やキャラクターカスタム、名入れ機能など、稼働につながるさまざまな機能も搭載した。

大人気コンテンツと現行機最高のAT性能を組み合わせた『Re:ゼロから始める異世界生活』は、3月4日からホール導入予定だ。


ⓒ長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活製作委員会
ⓒDAITO GIKEN,INC.


関連記事