ニュース

ニュース内を

2019年03月26日
No.10001094

MGMリゾーツ
MGMとオリックス、夢洲IRの共同入札へ
統合型リゾート(IR)誘致の行方

MGMリゾーツは、夢洲でのIR開発を目指し、関西の大手企業のオリックス株式会社とのパートナーシップを結んだ。

「MGMリゾーツは、大阪での統合型リゾートの開発・運営を目指し、オリックス株式会社と同等の出資比率による企業共同体の組成を進めることに合意しました」と日本法人の代表執行役兼最高経営責任者のエド・バワーズ氏(Ed Bowers)がAGB Nipponに述べた。

国際IRオペレーターが日本コンソーシアム・パートナーの名をあげたのはこれが初めてとなる。

MGMとオリックスの合意が2018年末ごろに結ばれたようだが、現在まで公表されていなかったという。

大阪のIR誘致を公然と優先しているMGMと関西エアポート株式会社の運営を含む関西の大手金融グループのオリックスとのパートナーシップは、強力な連携となるでしょう。(AGB Nippon)

MGMリゾーツは世界的なカジノオペレーターで、ラスベガスではMGMグランドのほかベラージオ、ミラージュ、マンダレイ・ベイなどを運営している。


関連記事