ニュース

ニュース内を

2019年04月01日
No.10001106

ダイナムジャパンホールディングス
ダイナムジャパン開発 カジノ向けスロット機が適合
パチンコのゲーム性を取り入れ

ダイナムジャパンホールディングスは3月28日、WEIKE GAMING TECHNOLOGY社(WEIKE)と共同開発したカジノ向けビデオスロット機がマカオのゲーミング規制当局The Gaming Inspection and Coordination Bureau(DICJ)が定める技術基準に適合したとの通知を検査機関BMMから受け取ったと同社のHP上で発表した。

今後、DICJへの承認申請手続きを行い承認を得られれば、マカオ内のカジノ施設向けに同機の製造・販売を行う。

このビデオスロット機は、パチンコのゲーム性を取り入れたもので、ゲーミングソフトウェアの企画及び開発をダイナムジャパンホールディングスが担当し、ハードウェアの開発、ゲーミングソフトウェアの実装及びカジノオペレーターへの販売をWEIKEが担当する。両社は2018年9月6日付で共同開発契約を締結している。


関連記事