ニュース

ニュース内を

2019年04月03日
No.10001115

パラダイスシティ(韓国・仁川)
ファミリー向け新施設「ワンダーボックス」開業
グローバル客誘致強化を期待

3月31日に開業したエンタテインメント施設「ワンダーボックス」

韓国の仁川国際空港の目の前に立地する、カジノを含む統合型リゾート(IR)「パラダイスシティ」内に3月31日、ファミリー向け新施設「ワンダーボックス」が開業した。第1期事業が完成し、施設コンセプトである「アートテインメント・リゾート」の姿ができあがったことで、さらなる集客力強化を期待している。

ワンダーボックスは「夜の遊園地」をコンセプトにしたミレニアル世代ファミリーを主なターゲットにした屋内型エンタテインメント施設。アメリカのお祭り屋台などでよく見られる「カーニバルゲーム」と呼ばれるタイプのアトラクションを中心に設置。伝統的なカーニバルパフォーマンスショーとメディアアート技術を駆使した環境演出により、キッズ向け施設ながら大人も飽きさせない幻想的な空間を作りあげた。

無料ショーが月曜を除く毎日、施設内で3回、施設外で1回行われるため、アトラクションの待ち時間を飽きさせない



スポーツアトラクション「スカイレール」、360度回転型の絶叫系マシン「メガミックス」などスリル溢れるアトラクションを韓国に初導入。F&Bでは、アジア最高のペストリーシェフに選ばれた実績のあるジャニス・ウォンの「ジャニス・ウォン」が韓国初出店。絵具のような華やかな色感のスイーツは、「夜の遊園地」にマッチする。施設は地上2層で総床面積は約3933平米(約1200坪)。

スポーツアトラクション「スカイレール」、360度回転型の絶叫系マシン「メガミックス」などのアトラクションは韓国初導入


ヴィンテージ感あるアメリカ的なカーニバルゲームが9つセレクトされた


ワンダーボックスの開業に先立つ3月27日に行われたプレスカンファレンスには、日本メディア9社を含む100社以上のメディアが出席した。

パラダイスセガサミーのアン・チャンワンCOO副社長はプレスカンファレンスで、「アジア・太平洋地域は観光産業において年9・7%という高い成長率を見せており、誘致観光客数が世界2位の重要な市場」と説明した上で、「アジア地域において、ワンダーボックスを世界から観光客を集客できるスペースマーケティングの戦略地としての地位を築くことが目標」と語った。

韓国を代表する
ランドマーク目指す


記者会見後に日本メディアの取材に応じたパラダイスセガサミーの内島崇ライフスタイル事業本部長は、ワンダーボックス開業にあたってのセガサミー側の役割を、「施設コンセプトに合致するアトラクションマシンの選定・調達、東京ジョイポリス運営で培った屋内型エンタテインメント施設の運営ノウハウの導入、エンタテインメント施設らしい接客の指導」と説明した。

同施設の開業により、施設全体のコンセプトである「アートテインメント・リゾート」(芸術とエンタテインメントの融合)の真の姿が出来上がったことに対して、「世界のIRの中で、これほどアートとエンタテインメントが随所に落としこまれた施設はないのではないか。それに仁川国際空港の目の前という好立地」と、ファミリー層を含めた外国人客の誘致に自信を見せた。

ジャニス・フォンのアートインスタレーション「チョコレート・ペイント・ドリップ」。
絵具のような華やかな色感のスイーツは、「夜の遊園地」にマッチする


パラダイスシティは、セガサミーホールディングスと韓国の観光レジャー企業・パラダイス社の合弁会社であるパラダイスセガサミーの開発により2017年4月にホテル、コンベンション、カジノが開業。初年(1月-12月)の売上高は約2000億ウォンだった。韓国のミサイル(THAAD)配備に反発した中国が韓国への渡航制限をしたことが大きく客足に影響したがが、18年にはカジノ部門も成長。特に日本人VIPの増加が寄与し、6月度にはVIPのドロップ金額(※)がオープン以来最高の1857億ウォンを記録した。さらに同年9月に2次施設としてラグジュアリー・ブティックホテル、スパ、クラブ、芸術展示スペース、ショッピングアーケードなどが開業。今回のワンダーボックッスの開業で1期事業が完成。19年は売上高約4500億ウォンを見込んでいる。


関連記事