ニュース

ニュース内を

2019年05月23日
No.10001197

遊技機リサイクル協会 総会
代表理事に江川明裕氏

江川明裕代表理事

遊技機リサイクル協会は5月20日、都内の東京ドームホテルで第13回定時社員総会を開催した。

任期満了に伴う役員改選で、代表理事に江川明裕氏を選任。江川明裕新代表理事は「小田前代表理事が長年にわたり的確な方針と強いリーダーシップで牽引をされてきた協会であるため、身の引き締まる思い。是非とも皆様方の力をお貸しいただければ」と意欲を語った。

総会では熊本の指定業者による産業廃棄物処分業許可証の写しが虚偽であったことが今年2月に発覚したことに触れ「不測の事態でも早急に対応をおこなうことができ、他の業者、メーカー様の協会に対する信頼が増す結果になった」と述べた。

また、昨年8月以降からパチスロメーカーの加盟が増えてきていることについて「昨年から今年にかけて大手のパチスロメーカー様に加盟していただけたのは、協会として非常にインパクトが強かった」と述べ、今年4月に山佐が加盟したことを報告した。

小田前代表理事

これまで代表理事を務めた小田精一氏は「皆様からの支援で4期8年間勤めることができた。協会では身体障がい者、高齢者の雇用を掲げている。身体障がい者が働く協会指定のリサイクル業者へ視察に行った際、ご家族に感謝いただいたことは今でも忘れられない。不要になった遊技機は指定業者に出してもらい、不法投棄などの問題解消とともに雇用促進にも繋げてほしい」と語った。小田氏は理事として残り、これからも協会に携わっていく。

懇親会の開かれた会場には3Rグッズも展示された


関連記事