特集記事

特集記事内を

2019年05月28日
No.10001208

京楽
受動喫煙対策をワンストップ対応
『屋内禁煙トータルサポートプラン』

施設内での喫煙を規制する改正健康増進法が、2020年4月から全面施行される。ホール企業は原則屋内禁煙で喫煙専用室の設置が可。対策が迫られる中、京楽は喫煙ルームの設置はもちろん、既存の吸殻回収システムの改修、減台などによる島変更までワンストップで対応する。


Q強みを教えてください。
A受動喫煙対策をトータルコーディネートできることです。弊社は設備メーカーとして、玉補給設備やホール関連機器をはじめ、遊技島の設計・施工の提案まであらゆるホール様の要望に対応してきました。受動喫煙対策では多くのホール企業様が喫煙専用室の設置を検討されていますが、フリースペースのあるホール様ばかりではありません。喫煙専用室設置に伴う遊技島の減台や、既存の吸殻回収システムの改修など、ホール様に必要な受動喫煙対策を京楽がワンストップで対応。これまで培ったノウハウを活かして、ホール様に最適な環境を提案します。

Q喫煙ルームの特徴について教えてください。
Aホール様の要望に応えるため、「パッケージタイプ」と「オリジナルタイプ」の2種を用意しています。「パッケージタイプ」は、既存の喫煙ルームで1人用のミニタイプから10人まで収容できるワイドタイプまで豊富なバリエーションを準備。空気清浄機を標準装備しました。「オリジナルタイプ」は特注施工のタイプ。ホール様の要望に確実にお応えできるので既存店に向いています。店舗デザインに合わせた設置という意味では、新規出店を計画しているホール様にも好評です。

Q納期にはどのくらいの期間が必要ですか?
A発注後、納期に1カ月ほど時間を頂いています。今後は需要拡大により、部材や作業人員の確保が難しくなることが予想されますから、検討されているホール様はお早めにお声がけください。

Q設置時には店休が必要ですか?
A「オリジナルタイプ」は設置場所などの条件により店休が必要になる可能性もありますが、「パッケージタイプ」であれば1台4~5時間の作業時間で設置できます。ただ、設置する際は、関係各所に申請が必要となります。




問い合わせ
(株)京楽

052-831-8898
http://circuit.kyoraku.co.jp


関連記事