特集記事

特集記事内を

2019年07月12日
No.10001285

ニューギン・アドバンス/ニューギン販売
『喫煙ブース』の業界最安値を追求した技術力
増税前納品限定キャンペーン実施中

2020年4月1日からの改正健康増進法施行を前に、ニューギン・アドバンスは生活用品の企画、製造、販売を行うアイリスオーヤマとコラボした『喫煙ブース』の販売を開始した。低価格、短工期で行える受動喫煙対策に注目が集まっている。


原則屋内禁煙となる改正健康増進法の全面施行まで1年を切った。パチンコホールの受動喫煙対策は待ったなしの状況だ。ホール内での喫煙は一定の基準をクリアした喫煙専用室でしかできなくなる。特にたばことの親和性が高い業界だけに、迅速な対応が求められている。

それでも、遊技機が新規則に移行するタイミングだけに、余計なコストをかけたくないというのがホールの本音だろう。

ニューギン・アドバンスが提案する『喫煙ブース』は、アイリスオーヤマとのコラボ製品。最大の特徴は、業界最安値を追求した技術力にある。アイリスオーヤマは、家電事業に参入する際に優秀な技術者を大量に採用。彼らの確かなアイデアとノウハウを活かし、競合家電メーカーの半値程度で価値ある商品を市場に送り出してきた実績がある。

今回は、大掛かりな工事が不要で、最短数時間で施工できるユニット式の『喫煙ブース』をニューギン・アドバンスと共同開発。パネルの組み合わせで専用室の大きさを変更できるため、設置スペースや希望収容人数に合わせた大きさに変更できる。パネル透明部は、樹脂製の難燃タイプと、強化ガラス製の不燃タイプの2種を用意。設置環境に応じて選択できる。


増税前納品限定のキャンペーン実施

新たに販売を開始した不燃タイプ喫煙ブース。下部パネルは透明なガラス仕様に変更可能


ニューギン・アドバンスでは、消費税増税前の9月30日までに喫煙ブース本体の納品(※未設置でも可)まで完了したホールを対象に、キャンペーンを実施中。喫煙ブース本体(運搬・設置工事費・オプション品は除外)を販売価格から更に10%値引きする。さらに厚生労働省の受動喫煙防止対策助成金申請を希望するキャンペーン対象ホールは、ニューギン・アドバンスが代行申請手続きのサポートを行う。なお、キャンペーンは先着87店舗限定。早急な対応が必要な案件だけに、まずはニューギン・アドバンスまたは各エリアのニューギン販売担当者まで連絡をしてほしい。


関連記事