ニュース

ニュース内を

2019年08月09日
No.10001329

豊丸産業
“連れパチ”で業界に活気を
『Pすしざんまい極上5700』先行試打会

©つきじ喜代村すしざんまい

豊丸産業は8月3日、19日から導入予定の新機種『Pすしざんまい極上5700』の先行試打会を都内ショールームで開催。日工組で取り組んでいる、既存のパチンコファンに友人や家族などと一緒に来場してもらい、パチンコファンのみならず、パチンコ未経験者にもパチンコの楽しさに触れてもらう”連れパチ“企画も実施された。

先行試打会は5部制で開催。事前応募制で1部9人計45人を招待した。
本機は有名すしチェーン店「すしざんまい」との異業種コラボ。大当たり確率は1/35・2の役物タイプであることから、じっくり打ち込んでもらうために試打時間を1時間取った。

役物タイプが初打ちという40代男性は、「『CR餃子の王将』などの役物タイプは、打ちたいと思っていたが経験がなく少しハードルが高いと感じていた。今回、ショールームで試打したことで、楽しみ方を理解できた。私みたいに感じている人は少なくないと思うので、先行試打会を今後も続けて欲しい」と話した。

連れパチで参加した20代男性は、「こういったイベントへ参加は初めてでしたが、友達と2人だったので比較的に参加しやすかった。2人でワイワイ話しながらの試打だったので、あっという間の1時間でした。是非、また連れパチ企画をやってもらいたいです」と語っていた。


連れパチで参加した男性2組


関連記事