ニュース

ニュース内を

2019年09月05日
No.10001367

PCSA DATA BASE 2019
PCSA推計 ホール業界売上高17.5兆円
2018年推計値は、売上高、営業収入ともに微増 

パチンコチェーンストア協会(PCSA)の推計によると、2018年のホール業界の売上高は17兆4856億円(前年比0.5%増)、営業収入は2兆6228億円(同0.5%増)、法人税納税額は904億円(同27.5%増)、雇用人数は22万3733万人(同4.9%減)だった。

「PCSA DATA BASE 2019」として公表された産業推計は、今年3月に実施したPCSA正会員23社へのアンケート調査に対して回答があった「売上高」「法人税額」「雇用人数」を遊技機1台あたりに換算し、警察庁が発表した2018年12月末時点の遊技機台数を乗じて算出したもの。営業収入は今回から設けられた指標で、貸玉収入から景品出庫額を減じた額であり、ダイコク電機SISの「業界総粗利」に相当する。

PCSAによる売上高推計値、営業収入推計値はいずれも、ダイコク電機の推計値を下回った。

推計の基礎となるPCSA正会員からのアンケート回答数は、売上高11社、営業収入11社、法人税納税額7社、雇用人数11社だった。


関連記事