ニュース

ニュース内を

2020年11月19日
No.10002016

一般社団法人MIRAIぱちんこ産業連盟
MIRAI 第1回 経営勉強会

MIRAIの第1回経営勉強会は理事によるパネルディスカッションが行われた

同友会とPCSAの合併によって誕生した一般社団法人MIRAIぱちんこ産業連盟(通称MIRAI)は11月17日、新団体となって初めての経営勉強会を都内のTKP市谷カンファレンスセンターで開催した。

第一部は、「産業における環境の変化への対応とパチンコの未来」と題した岸博幸氏(慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授、エイベックス顧問)による基調講演。

第二部は、「持続可能な産業となるために ~業界が目指す未来~」と題したMIRAI理事によるパネルディスカッションで、東野昌一代表理事(平成観光)、加藤英則代表理事(夢コーポレーション)、金光淳用副代表理事(ヒカリシステム)、保坂明副代表理事(ダイナム)、大石明徳副代表理事(ニラク)、吉原純浩理事(ミナミ・エンタープライズ)が登壇。エンタテインメントビジネス総合研究所の藤田宏代表がモデレーターを務めた。

10年後のベストケースというテーマのセッションでは、東野代表理事が「監督官庁は警察庁から離れる必要はないと思うが、10年後にはもうパチンコ業法が必要なのではないか。また、国民から『パチンコ業界があって良かった』と言ってもらえるためなら、パチンコ税があってもいいと思う。その代わりに高射幸性機を求めているわけではないが、遊技機の性能をもっと上がり、ユーザーから『こんな機械で遊びたい』と言ってもらいたい。かつ、我々が利益を上げられて、納税という形で国、行政にも喜んでもらえる。働く社員も『この業界で働いていてよかった』と思う。そんな産業になっていたらいいと思う」と自身のビジョンを語った。


関連記事