ニュース

ニュース内を

2020年08月21日
No.10001885

PCSAと同友会 10月に合併
新団体略称は「MIRAI」

加藤英則代表理事

パチンコ・チェーンストア協会は8月20日、臨時社員総会を開催し、昨年から日本遊技産業経営者同友会と協議を進めてきた両組合の合併を審議、承認した。理事会においてはすでに7月16日のPCSA理事会で承認済み。

同友会を存続団体、PCSAを消滅団体とする吸収合併だが、「対等合併の精神」である旨が説明された。新団体の名称は「一般社団法人 MIRAIぱちんこ産業連盟」(略称:MIRAI)で、合併期日は10月19日。

加藤英則代表理事は臨時総会冒頭の挨拶で、新型コロナウイルス感染症拡大後の業界について、かつての7割から8割の稼働が新たな常態になるかもしれないとして、「(その状況で)生き残っていくためにはPCSAだけでなく、業界団体が手を取り合っていかなければならない」と述べた。


関連記事