ニュース

ニュース内を

2020年04月28日
No.10001687

経済産業省
ホールもセーフティネット保証5号の対象へ

経済産業省は4月24日、新型コロナウイルス禍にある中小企業者の資金繰り支援措置として、以下二つの対象業種を拡大する方針を発表した。

一つはセーフティネット保証5号(※)。一部に限定していた指定対象業種を全業種に広げる。パチンコホール営業者はこれまで、多くの風俗営業者と同様に指定対象外とされてきたが、この措置によって利用できるようになる。

全業種がセーフティネット保証5号の指定対象となる時期は、補正予算の成立後、民間金融機関における実質無利子融資が開始される前を予定している。

もう一つは政府系金融機関・信用保証協会による融資・保証。これまで対象外業種としてきた業種が見直される。パチンコホールのほか、場外車券売り場、場外馬券売り場、場外舟券売り場などが対象に入る見通し。

政府系金融機関・信用保証協会による融資・保証の対象が見直され、運用が開始される時期は早くて5月上旬ごろの予定だという。


※セーフティネット保証5号
全国的に業況の悪化している業種に属することにより、経営の安定に支障を生じている中小企業者への資金供給の円滑化を図るため、信用保証協会が通常の保証限度額とは別枠で80%保証を行う制度。詳しくは経済産業省のWebサイトをご確認ください。


関連記事