ニュース

ニュース内を

2020年04月28日
No.10001686

全日遊連
車内放置の子ども135人を救出
2019年度子どもの事故未然防止事案報告

全日本遊技事業協同組合連合会は4月、「2019(令和元)年度 子どもの事故未然防止事案報告」をまとめた。

同報告によると、2019年度中にホール駐車場で発見された子どもの車内放置事案は35都府県方面組合で99件。ホールによる巡回活動などで135人の子どもが救出され、事故は未然に防がれた。

救出数が多かった都府県方面組合は、群馬(9件)、静岡(8件)、神奈川(6件)、埼玉(同)、三重(同)の順。発生月別にみると、8月(17件)、5月(17件)、7月(13件)の順だった。

前年と比べると発生件数は2件減。救出人数は5人増えた。

ホールをはじめとする遊技業界は子どもの車内放置を撲滅するため、年間を通して駐車場の巡回を実施。ゴールデンウイークから10月までの期間と年末年始を「強化期間」、暑い日が続く7月と8月を「特別強化期間」として事故防止に励んでいる。


関連記事