ニュース

ニュース内を

2021年03月16日
No.10002198

東京ホテル・ウェディング&IR専門学校
IR産業の即戦力育成する専門学校 滋慶学園COMグループが開設
「カジノマネジメント」など10コース

国内に40の専門学校、高等専修学校を運営する滋慶学園COMグループが今年、新たに設置認可の承認を得て「東京ホテル・ウェディング&IR専門学校」を東京・西葛西に開校する。4月15日に入学式を迎える1期生は約50人。うち4割は専門学校や大学の卒業生および社会人経験者で、中には海外からの留学生もいる。
同学校法人はさまざまな産業の即戦力人材を育成するため、「産学連携」による実践的カリキュラムを信条としている。

「東京ホテル・ウェディング&IR専門学校」の特徴は、学校名に「IR(Integrated Resort、カジノを含む統合型リゾート)」を冠していることからもわかるように、2020年代後半に日本に開業が期待されているIRを視野に入れ、「カジノマネジメントコース」を含むホスピタリティビジネス関連の10のコースを設けている点。コースにより3年制と4年制があるが、共通して、英語力を活かして仕事をするための実践的な英語教育を組み込んでいる。

コースは下記の通り。ホテルマネジメント・グローバルコース(4年制)、ホテルマネジメントコース(3年制)、ブライダル総合プランナーコース(4年制)、ブライダルドレスコーディネーターコース(3年制)、リゾート・観光テクノロジーコース(4年制)、エアーラインコース(4年制)、カジノマネジメントコース(3年制)、スポーツビジネスマネジメントコース(4年制)、パティシエ&製パンコース(3年制)、寿司職人&日本料理コース(3年制)。



校内には各分野の専門書を備えたライブラリーや、授業で使用するためのチャペル、バンケット、キッチン、バー、模擬客室、模擬カジノなどの設備がある。
カジノマネジメントコース(3年制)の授業科目には、英語、中国語、ディーラー実習、IR・ホテルオペレーション、ゲーミング法令のほか、海外提携校であるネバダ州のコミュニティカレッジ「カレッジ・オブ・サザンネバダ(College of Southern Nevada、CSN)」のオンライン講義による、カジノ顧客サービス、カジノフロア管理、スロットマネジメント、レース・スポーツブックマネジメント、テーブルゲームマネジメントなどが予定されている。また、ラスベガスでの語学留学およびIR施設インターンシップが含まれている。



左:校長に就任した小川正人氏(ANA総合研究所顧問)は、「4年制のコースを設けている以上、ホスピタリティ人材育成においては大学に負けないという意気込みを持っている。文科省認可の大学にはできない専門学校ならではのカリキュラムで、日本一のホスピタリティ人材を育てるべく努力する」と抱負を語った。右:若杉亮副校長・教務部長


関連記事