ニュース

ニュース内を

2021年06月02日
No.10002305

和歌山県 IR事業者公募 
クレアベストを優先権者候補に決定

和歌山マリーナシティにおいて特定複合観光施設(いわゆる統合型リゾート:IR)の設置運営事業者の公募・選定手続きを進めてきた和歌山県は6月2日、クレアベストニームベンチャーズ株式会社及びClairvest Group Inc.のコンソーシアムを優先権者候補に決定したと公表した。
事業者公募には期日である昨年4月30日までにクレアベストニームベンチャーズ(以下、クレアベスト)とサンシティグループホールディングスジャパン(以下、サンシティ)の2者が参加資格審査書類を提出したが、今年5月12日にサンシティが事業者公募からの撤退を表明した。
応募事業者がクレアベスト1者になったことで、仁坂県知事は18日の記者会見で、事業者を選ばずにIR誘致を断念する可能性もあると言及していたが、最終的には計画の実現を目指す決断をした。
今後、県は和歌山市及び和歌山県公安委員会との協議を経て、優先権者を選定する。


関連記事