特集記事

特集記事内を

2021年08月27日
No.10002443

ジェッター
西日本最大級のホールが選んだメダル品質
メダル自動補給回収研磨装置『ジェッターラインV-9000』

メダル自動補給装置でトップシェアを占めるジェッター。導入店舗が評価するのは優れたメダル研磨力とトラブルが少ない信頼性だ。西日本最大の設置台数1827台を誇る『ラクエンプラス』(大阪府堺市)では、『ジェッターラインV‐9000』を導入。省力化にも貢献する機器として高く評価している。

ジェッターのメダル自動補給回収研磨装置『ジェッターラインV‐9000』で特徴的なのが極上のメダル品質を実現するメダル研磨機だ。2013年の販売開始当初に搭載されていた『W研1(ダブルケンイチ)』は、円盤ブラシで汚れを取り、さらにローラーブラシで汚れを拭き取るダブルブラシ方式で極上の仕上がりを実現。ブラシやローラー部分、超小型の水タンクなどがカートリッジ方式なので、交換作業が短時間で済む。

その後、ホールを取り巻く環境が変化し、さらなる省力化のニーズに応えるために大幅な改良を加えたメダル研磨機『オールフリー研一(ケンイチ)』の提供を開始した。『オールフリー研一』は円盤ブラシとローラーブラシを使う乾式のメダル研磨機。大きなメリットは「完全ノータッチ」と謳うメンテナンス方式だ。毎日の閉店後の作業が一切必要なくなるだけでなく、ジェッターと保守契約を結べば、ジェッターが集塵パックや研磨カートリッジの交換サイクルを管理して定期的に訪問、交換してくれる。またトラブル時の対応やメンテナンス代などの追加負担もゼロ。研磨カートリッジなどは交換の際に無料でアップデートの恩恵も受けられる。現在、同社ではホールニーズに応じて2タイプの研磨機を提供している。

複雑島でもトラブルのない
メダル補給を実現


昨年11月22日に西日本最大級の規模でグランドオープンした『ラクエンプラス』。総設置台数1827台のうちパチスロは639台。パチスロフロアはR島と直線島がランダムに組み合わされる複雑な島配置。こうした複雑島でも確実なメダルの補給・回収・研磨を実現するのがジェッターの「空中ライン」だ。複雑島でもトラブルのない安定したメダル補給を実現するのは同社の技術力の高さならでは。どこのパートでも目の前の島の並びが違うなど、ファンを飽きさせることがない工夫が施されている。

複雑な島レイアウトでもトラブルのない補給を実現

ラクエンプラス(大阪市堺市)

1827台の総設置台数は西日本最大クラスだ

同店ではメダル自動補給装置に『ジェッターラインV‐9000』を導入した。木村和豊マネージャーは「系列店での導入実績もあり、トラブルの少ないジェッターラインには安心感がありました」と導入の理由を語る。メダル研磨機は省力化のニーズに応えて開発された『オールフリー研一』を選んだ。

「完全ノータッチでオペレーションができる点が最大の魅力でした。毎日の閉店後の作業が一切必要なくなるだけでなく、メンテナンスもジェッターさんに任せられるので大幅な省力化につながっています」

木村マネージャー

島端のモニターでメダル保有量がひと目でわかる

究極のメダル品質を実現する研磨機『オールフリー研一』

中規模店並みの639台という規模のパチスロ島のメンテナンスには、通常であれば最低3人のスタッフが必要だという。「閉店時に毎日その人員を充てるコストや労力は無視できません。研磨後のメダル品質の高さは業界では誰もが知る事実です。お客様の来店動機にさえなり得るクオリティーで、手袋やおしぼりのリクエストはいまだありません」。

『ジェッターラインV‐9000』導入の決め手となったのはメンテナンスを含めた総合評価だ。木村マネージャーは「オープン以来トラブルはほとんどありませんが、ジェッターさんは何かあっても素早く対応してくれるのでありがたいです」と全幅の信頼を寄せている。


株式会社ジェッター
TEL.0956-66-8226
http://n-jetter.jp/


関連記事