ニュース

ニュース内を

2021年10月27日
No.10002520

健全化推進機構 上半期 立入検査329店
新型コロナの影響で事業計画を大幅に下回るペース

遊技産業健全化推進機構の検査部による2021年上半期(4月1日から9月30日まで)の立入検査店舗数は23都府県方面の329店舗だった。検査した遊技機は2334台、計数機は26台。
前年同期と比べた検査店舗数は40.2%、検査遊技機数は41.6%、検査計数機数は27.4%にとどまり、年度の事業計画を大きく下回るペース。新型コロナウイルス感染症の拡大により緊急事態宣言が発令されたことに伴い、立入検査活動を中止した期間があったため。

パチンコ・パチスロ産業21世紀会の要請を受けて実施している、店舗内の依存防止対策の啓発用ポスターの貼付状況などを確認する「依存防止対策調査」は1323店舗に対して実施した。


関連記事