ニュース

ニュース内を

2021年11月05日
No.10002528

博彩監察協調局(DICJ)
マカオのカジノ収益 低迷続く 

マカオ特別行政区のゲーミング産業の規制機関、博彩監察協調局(DICJ)によると、マカオ内の全カジノ施設の10月のカジノ事業収益(GGR)は前月を25.8%下回り4,365百万パタカ(約596億円)だった。今年最も低い水準で、COVID-19パンデミック前の2019年の月平均の約2割。
1月から10月までの累計GGRは72,152百万パタカ(約9,856億円)。前年同期を57.3%上回っているものの、新型コロナ禍前の2019年同期のわずか29.2%にとどまっている。


関連記事