ニュース

ニュース内を

2022年01月17日
No.10002614

ビタ押し成功率94%の実力示す
「超ディスクアップ選手権HYPER」決勝大会

左から嵐さん、髭原人さん、アナターワイフさん、のりさん、GOさん

サミーは1月15日、東京・大崎の本社で「第二回P-SPORTS 超ディスクアッパー選手権HYPER」の決勝大会を開催した。

大会には全国7カ所で行われた地区予選またはアプリ予選を各トップ順位で通過した計11人が出場。全員による決勝戦、およびその成績上位3人による優勝決定戦が行われ、東京代表のアナターワイフさんが優勝した。

東京予選(2位)から出場したアナターワイフさんは、決勝戦を3位(4万2610ポイント)で突破。1位通過のくまくまさん(広島代表)に1520pt、2位通過のひやまっちさん(福岡代表)に1020ptの点差を開けられていた。

しかしトップバッターで臨んだ優勝決定戦では、ビタ押し成功率94%を披露。当日最高の4万9090ptをマークし、合計得点を9万1700ptとした。続く両者は思うように点を伸ばせず、逃げ切りならず。ひやまっちさん(合計8万5300pt)が準優勝、くまくまさん(同8万3470pt)が3位となった。

優勝賞金331万円を手にしたアナターワイフさんは、「何度やっても難しい。なんとか実力で勝てたと言えるプレイが最後にはできた」とコメント。感染症再流行の兆しがある中での大会開催に謝意を表し、第三回大会にも出場する意欲を見せた。ひやまっちさんには賞金33万1000円、くまくまさんには賞金3万3100円が贈られた。

大会の合間には、地区予選に参加した女性対象のSINDY CUPも行われた。地区予選での成績が全国上位だった女性5人が参加。決勝戦同様の戦いが繰り広げられ、名古屋予選から参加したきゃろさん(3万2900pt)が優勝した。2位は大阪予選からのりんえるさん(2万6150pt)。エンターテイメントオメガの屋号でホールを展開する第一物産(京都市)のazzさんも健闘した。

きゃろさん(左)とりんえるさん

大会参加者

【大会結果(敬称略)】
優勝(賞金331万円):アナターワイフ、9万1700pt
準優勝(同33万1000円):ひやまっち、8万5330pt
3位(同3万3100円):くまくま、8万3470pt

【決勝進出者(敬称略、得点順)】
かる:大阪代表、4万2010pt
すぎ:大阪代表、4万730pt
なお:名古屋代表、3万8830pt
よしお:札幌代表、3万6330pt
大和:東京代表、3万1980pt
ナカガワ:アプリ代表、3万1640pt
ディーヴァ:アプリ代表、2万4040pt
わたる:仙台代表、2万2210pt

【SINDY CUP大会結果(敬称略、得点順)】
1位(賞金10万3100円):きゃろ、3万2900pt
2位(同1万310円):りんえる、2万6150pt

【SINDY CUP出場者(敬称略、得点順)】
クセネキ:大阪予選、2万5110pt
azz:大阪予選、1万1480pt
わるぺこ:東京予選、1万830pt

ⓒSammy


関連記事