コラム

コラム内を

2017年09月21日
No.10000305

英国のギャンブル依存対策
NCFが提供する自己排除プログラム

IR推進法の施行を受けて、政府はギャンブル等依存問題対策を進めている。では、海外のカジノではどんな対策が取られているのか。今年7月に訪れたイギリス(UK)のカジノでの取り組みを紹介する。

記者が訪れたのは、UK第2の都市バーミンガムに一昨年開業した統合型リゾート(IR)のResorts World Birmingham(リゾーツワールド・バーミンガム)。運営するのはマレーシアに本社を置くゲンティン・グループの現地法人ゲンティンUK。この施設内にはUK最大級のカジノ「GENTING INTERNATIONAL CASINO」がある。

UK最大級とはいえ、UK内ではスロットマシンは最大150台までしか設置できない規制がある。規模としては、日本の500台クラスのパチンコホールと同程度だ。18歳未満は入場できないが会員制ではなく、誰でも入場できる。

ここで提供されていたのが、「SENSE」(SELF-ENROLMENT NATIONAL SELF- EXCLUDING)と呼ばれる自己排除プログラムだ。カジノ内にはこのプログラムを紹介するパンフレットが置かれている。特徴は、カジノ事業者単体ではなく、National Casino Forum(NCF=英国カジノ評議会)が運営・管理する制度である点だ。以下、パンフレットに書かれている内容を要約してみた。

「SENSE」は、ギャンブルの問題を抱える人や自分をカジノから遠ざけてほしいと願う人たちが簡単に利用できる自己排除の制度。利用者はNCFが管理するWEBサイトやNCFに加盟するカジノ施設内で登録できる。その際、カジノ事業者のNCF管理担当者が個人情報の聞き取りや写真撮影、署名の徴収をし、SENSEに登録するにあたっての説明等を行う。

登録者の個人情報等はSENSE管理システムにおいて厳重に管理される。この情報は加盟カジノへ供給されるが、この個人情報の中には登録者のギャンブルによる勝ち負けの経歴や経済状況などは含まれない。また、他の団体や金融機関への提供は一切行われない。

いちどSENSE制度へ登録すると最低6カ月間はUK内におけるUKカジノ協会(ASSOCIATION OF BRITISH CASINOS)加盟カジノへの入場が拒否される(UK外カジノへの入場に関しては管理外)。もし万が一、カジノ側の不注意で登録者が入場してしまい、ギャンブルをした場合、賭け金及び獲得金はすべて没収される。SENSE登録後6カ月間は脱退や個人情報の削除はできない。登録後6カ月が過ぎると自動更新されないが、任意継続は可能。自己排除期間は登録者へのギャンブルの問題に関する情報やアドバイスも提供される。登録者の情報はプログラム終了後3年間保存される。

パンフレットには、自己排除までしたくないという人に対しては、NCFがその人に適したアドバイスやサポートをWEBサイトなどで行っている旨が書かれている。詳細な制度説明や登録合意書の文言、関連先団体の問い合わせ先、WEBサイトの情報なども記載されている。

なお、パンフレットの中では、「ギャンブルの問題を抱えた人」(have a problem with their gambling)や「問題あるギャンブラー」(problem gambler)などが使われている。日本におけるギャンブル等依存問題を考えるとき、こうした海外の事例も研究する必要がありそうだ。

<SENSEに記載されているその他の支援団体>
GamCare
ギャンブルの問題に関心がある人たちへの情報提供やアドバイスを電話やWEBサイト上、対面でのカウンセリングなどを行う団体。ほかにもギャンブルの問題を未然に防ぐための教育や啓蒙活動を行っている。

The Gordon Moody Association
ギャンブルで問題を抱えた人たちを回復させるプログラムを入所(寄宿)形式で提供している団体。

CNWL National Problem Gambling Clinic
イングランドとウェールズに住む16歳以上のギャンブルで問題を抱えた人のための国が運営する診療所。精神健康面での短期診療も行っている。

Gamblers Anonymous (GA)
脅迫的ギャンブラーのための自助グループ。

National Debtline 
無料電話で借金の問題を相談できる慈善団体。25年の実績がある。専門知識に基づいた方法で、自分で借金完済できるように導いてくれる。

Gambling Commisssion
国が管轄する宝くじを含むイギリス国内で認可されたギャンブルを取り締まる機関。WEBサイトではギャンブル問題を防ぐためにギャンブル事業者や顧客に向けた啓蒙活動も行う。

Responsible Gambling Trust (RGT)
ギャンブル関連の障害を減らそうと専心する慈善団体。




<参考>
SENSEのWEBサイト PLAYING SAFE
http://playingsafe.org.uk/

#カジノ #Casino #統合型リゾート #IR  #IR実施法  #IR整備法 #integrated resort #gaming #gambling 
#problem gambling #gambling addiction


関連記事