特集記事

特集記事内を

2018年09月28日
No.10000827

新たなカテゴリーとして認知広がる
設定付きパチンコ好調の理由
多台数導入店で長期間高稼働

連日高稼働が続く『PAミルキーバー』(右)と『Pフィーバー革命機ヴァルヴレイヴ』のコーナー。多台数導入&コーナーづくりが高稼働のカギだ

『パーラー ニューギン』(名古屋市)は、ニューギンの設定付きパチンコ第一弾『PAミルキーバー』を4円・1円・0.5円貸しで合わせて16台導入。稼働好調で、他機種と構成する設定付きパチンココーナーは、パチスロからの回遊客も多く、連日満席状態が続いている。同店は、今後も設定付きパチンコを新たなカテゴリーとして育成していく予定だ。


多台数導入は設定を入れるため

『PAミルキーバー』の一般導入は9月からだが、パーラーニューギンでは、8月7日に先行導入した。菅沼英勝店長は、「設定付きパチンコは、お客様に新たな楽しみを提供できる絶好の機会。うまく使いこなし、お客様の期待を裏切らなければ、集客力の強化にもつながります。店長として、導入を非常に楽しみにしていました」と話す。

4円コーナーには、『PAミルキーバー』と、同じ6段階設定機能を搭載した『Pフィーバー革命機ヴァルヴレイヴ』を各9台ずつ背中合わせに配置。『PAミルキーバー』は、1円コーナー(6台)と0.5円コーナー(1台)にも導入した。

「設定付きパチンコを新しいカテゴリーとして定着させるなら、高設定を使わなければ意味がありません。そのために、まとまった台数を導入しました」

台数が少ないと、来店客は「どうせ設定は入っていないだろう」と先入観をもってしまう。逆に台数を多くして実際に高設定を投入すれば、ファンも期待感を抱き来店動機になる。多台数導入は、設定付きパチンコのファンを育成していくためにベターな選択なのだ。


設定を入れた通りに出玉が収束する

パーラーニューギンでは、多台数の島構成を最大限に生かし、高設定もきちんと使う営業を続けている。新台は導入3週目頃から稼働が徐々に落ちるのが普通だが、設定付きパチンコは、それ以降も稼働を維持、満席状態の日も珍しくないという。

設定付きパチンコの中でも『PAミルキーバー』は特に使い勝手が良いと菅沼店長は言う。
「集計したデータを分析してみると『PAミルキーバー』は、設定通りに出玉が収束しやすいことがわかります。設定5・6を入れればお客様に還元できますし、設定3ならばトントン、低設定ならば店舗側のプラスになりやすいですね」

「設定にメリハリをつけた営業が多くのお客様の来店動機になっています」(菅沼店長)


 
高稼働の理由は大当たりの多さ

TS(初当たり確率)が全設定で高く、来店客に大当たり体験をたくさんしてもらえる点も『PAミルキーバー』の良さだと言う。

「ループタイプということもあり、設定どおりに出ることが多いのが特徴。お客様も設定予測がしやすい。高設定を打って楽しんでいただきたいというこちらの意図もしっかり伝わります。実際、お客様からは『この台は、よく大当たりするね』と言われます」

『PAミルキーバー』には、さまざまな設定推測要素があり、それらを覚えて粘るか粘らないかを決めている人もいる。また、データ表示機の前日・前々日、あるいは1週間ぐらいのデータを見て台選びをする姿も多く見かけるという。こうした新たな楽しみ方ができる点も、設定付きパチンコの魅力のひとつだ。


設定付きの魅力をいかに伝えるか

パーラーニューギンでは、若年層や中年層を中心に来店客の多くが設定付きパチンコを認知している。高設定狙いの若年層だけでなく、初代の『ミルキーバー』を打ったことがあり、懐かしいと感じる中高齢層など、男女を問わず幅広いファンに支持されている。

導入にあたり店内POPなどを通して、積極的に周知を図った結果だが、高齢層の認知度は若干低い。実際に設定付きパチンコを遊技しているのに気づかない年配客もいる。

「設定付きパチンコのことをご存知ないお客様には、スタッフが会話の中でなるべくわかりやすくご説明するようにしています。周知する努力は導入時だけでなく、継続することが重要だと思います」

アミューズメントジャパンが行ったアンケートでも、設定付きパチンコは、「まだ打ったことがない」「知らない」という回答が非常に多い。8月から導入が始まったばかりのカテゴリーなので予想された結果だが、未体験者にいかに魅力を伝えていくかが、普及のカギと言えそうだ。

アミューズメントジャパンがシーグリーンの協力を得てタメット倶楽部会員を対象に2018年9月15日・16日に実施



2大カテゴリーで集客力を強化する

菅沼店長は、「設定付きパチンコを浸透させることは自分たちの使命」だと言う。業界全体が「設定付き」と「その他」という2大カテゴリーを確立、集客力強化を図ることがファン人口の回復に繋がると考えている。

「設定付きパチンコはホールにもお客様にもメリットが非常に多い。そのためには今、設定付きパチンコを積極的に導入して、その本当の楽しさや魅力を伝える努力をするべきだと確信しています」



【PAミルキーバーN‐W6】
確変ループタイプで初当たり後は電サポ30回or70回or次回までの「ミルキータイム」に突入。「ミルキータイム」中に大当たりを獲得すると2回目からは70回or次回までの電サポが付く。

▽低確率:1/69.94(設定6)~1/99.90(設定1)
▽高確率:1/34.97(設定6)~1/49.95(設定1)
▽電サポ:30回 or 70回 or 次回まで
▽賞球数:4 & 1 & 3 & 5 & 12
▽ラウンド:10R or 5R or 3R・9C
▽大当たり出玉(最大出玉):約1160個 or 約570個 or 約340個
*3段階設定の『PAミルキーバーN-W3』も同時リリース


関連記事