特集記事

特集記事内を

2018年09月28日
No.10000831

ケイビーカンパニー『SMS広告』
1通15円で伝えたい情報を伝えたい人に
LINE@よりも低コストで確実に届く注目のメッセージサービス

http://kbcompany.jp/

「自店からのメッセージをなるべく経費をかけず、できるだけ多くのファンに届けたい」。こんな願いをかなえてくれるのが、ケイビーカンパニーの販促システム『SMS広告』だ。携帯電話番号のリストがあれば配信できるので、スリープユーザーの掘り起こしにも大きな効果を発揮する。


パーソナライズ機能で
ターゲットを絞り込む


SMSを利用した『SMS広告』がどんなシステムかは、実際の受信画面(上のスマホ画像)を見るとよくわかる。

「それぞれの吹き出しがホール様からのメッセージ。登録会員に貯玉数や来店ポイントを知らせるなど来店を促す文章になっています。文字数に制限がありますが、URLをリンクすれば詳しい内容も紹介できます」(ケイビーカンパニーの北島万乘社長)

「メッセージを送る方法はたくさんありますが、あれこれ迷うよりもシンプルなSMS広告がお勧めです」(北島社長)


PCを使ったホールからの配信は、非常に簡単に操作できる。操作方法をわかりやすく説明した動画もYouTubeにアップされているので、導入したその日から誰でも配信が可能だ。来店ポイントの通知、新台入替の告知など、シーンに応じたさまざまなテンプレートが用意されているため、文章が苦手なスタッフも安心できる。

「特定のターゲットに特定のメッセージを送るパーソナライズ機能も大きな特徴です。年齢層や性別、パチンコ・パチスロユーザー別、さらに機種やタイプ別の嗜好などに関する会員情報があれば、ターゲットを絞り込んだ情報配信ができます」。また、誕生日にお祝いのメッセージなどを送れば、ストア・ロイヤルティ(特定の店舗をひいきにすること)を高める効果も期待できる。

LINE@は、ここ数年で急速に普及しつつあるスマートフォン向け販促ツールだ。ホールでもアプリのDLと友だち登録を促すPOPをよく見かけるようになったが、送ったメッセージがかなりの確率(5割前後)でブロックされてしまうのがデメリットだ。

ある大規模店の場合、カード会員3000人のうち、店舗のLINE@を友だち登録しているのは200人。そのうち、約4割はブロックされてしまうため、ホールからのメッセージが届くのは120人。実際に開封して中身を見る人はさらに少なくなる。

『SMS広告』ならば、この店舗の場合、電話番号がわかる会員3000人全員が送付対象でブロック率も非常に低い。開封率は驚異的で99%にも上るため、3000人ほぼ全員にメッセージを認識させることができるのだ。

ターゲットに届いたメッセージ1通あたりの単価を比較してみよう。LINE@の固定費用は月額2万円(税別。以下同)。メッセージが届くのが120人ならば1人当たりの販促費は167円だ。一方、『SMS広告』は、「お任せプラン」が月額1万円。3000人に届き、1人当たりの販促費は19円からと圧倒的にコストパフォーマンスが良い。また、LINE@は、11月からプランの仕組みが変更になり、従量制が一部取り入れられる。今まで通り毎日のように大量のメッセージを送っていると、場合によっては思わぬ高額の請求書が届くことになる。



スリープユーザーにも
SMSなら高確率で届く


1日に何通も来る同じようなメールを煩わしく感じる人は多い。開封率も下がり訴求効果が薄くなってしまう。

「『SMS広告』は月に1~2回、ここぞというときに使っていただければ。新台入替やポイント交換会、総付け景品の配布など、その日が普段とは違う”特別な日“であることを伝えた方が、来店を促進します。内容や表現方法を地域特性に合わせ工夫すれば、さらなる集客力強化につながります」

以前はよく来店していたが、何らかの理由で来なくなったスリープユーザーは意外なほど多い。この掘り起こしに貢献するのが『SMS広告』だ。

「携帯電話番号さえあれば良いので、何年も前の古い会員リストに遡れる点もeメールやアプリ系の販促システムに比べ優れている。1年位前から来店しなくなった会員に、貯玉数や来店ポイントの通知を送るのも効果的です」

自店のスリープユーザーを掘り起こす他の現実的な方法はDMはがきだが、郵便料金にデザイン・印刷費を加えると1通あたり120円程度かかる場合が多い。しかも、会員登録時の住所に届いても、転居などで必ずしも本人が読むとは限らない。その点『SMS広告』ならば、届かないメールの送信料はかからない。コスト面と情報の到達率からも、本当に使えるツールだ。


全世界で6兆通送受信
SMSの圧倒的な信頼性


SMSの実用化は1984年。非常にシンプルな電子メールだが、現在世界中で交わされるSMSは年間6兆通と言われ、いまでも色あせることがない。その理由は、「低コストで使いやすく信頼性が高い」ためだ。

ケイビーカンパニーの『SMS広告』がホールはもちろん、官公庁やホテル、飲食店、火災保険や車検の取扱い店、クリーニング店などに次々と導入されているのも、SMSのこうした特徴が高く評価され確実な広告効果を上げているからにほかならない。


楽市楽座で集客を

ケイビーカンパニーは、ホールの集客イベントとしてフリーマーケット「楽市楽座」の開催を請け負っている。会場はホールの駐車場などを使い、10万人以上の登録会員から平均60人の出展者を集め、仮設トイレの設置などを含め、当日の運営全般を行う。18歳以上の来場者を対象に、ホール店内でワカメやしらす、缶詰のつかみ取りといったイベントも好評。集客のための高い企画力に、リピートして開催するホールも多い。



【会社データ】
ケイビーカンパニー株式会社
〒556-0014 大阪市浪速区大国1丁目3番19号 KBビル
TEL.06-6634-1955
http://kbcompany.jp


関連記事