ニュース

ニュース内を

2018年11月28日
No.10000917

サミー
ZEEG筐体でバトルボーナスを完全継承
『パチスロ蒼天の拳 朋友』内覧会

伝統のBBを試打で堪能するホール関係者

サミーは11月21日から東京支店ショールームで、新機種『パチスロ蒼天の拳 朋友』の内覧会を開催した。

同社の6号機第二弾となる同機は、北斗シリーズ伝統のバトルボーナス(BB)を完全継承した純増約6.0枚/Gのセット数管理型ATタイプ。初めてのZEEG筐体である点も来場者の関心を集めていた。

赤7揃いで突入する「死合の刻」は、平均約120枚を獲得できるBBの高確率状態。バトル図柄揃いでBBが発動し、敗北しない限りBBと死合の刻がループする。継続期待度は約66%から89%。バトル時に「朋友共闘」であれば、次回BBの継続が濃厚だ。

BBで敗北しても引き戻し期待度約50%の「伝承試練」に突入。32G間に規定数の「へぷぽイント」を貯めると「伝承勝舞」に発展し、伝承者全員を撃破するかバトル図柄を揃えると死合の刻に復帰する。

死合の刻では、天授ポイントを一定量獲得すると「天授の儀」に突入する。引き戻し性能が高い状態で、敗北後の伝承試練の引き戻し期待度は約70%だ。通常時のBAR揃いでも突入する。ホール導入は2019年1月上旬からの予定。

初の6段階設定付きパチンコ
会場には新機種『デジハネPA北斗の拳 天破』も設置した。同機はサミー初の6段階設定付きパチンコ。従来の“夢幻闘乱”を彷彿とさせる期待感とバトルの興奮が醍醐味だ。

サミー初の6段階設定付きパチンコ

スペックは大当たり確率約1/99.8、確変割合60%のSTタイプ。初当たりが3、7図柄揃いだったときと、その他図柄揃いから突入する「錬気闘座BATTLE」中に大当たりすることで、電サポ100回の「天破RUSH」に突入する。右打ち中は、約810個を払い出す9R大当たりの比率が50%を占めている。ホール導入は2019年1月中旬の予定。

ⓒ原哲夫・武論尊/NSP 2001, 版権許諾証YRB-320 ⓒSammy

【パチスロ蒼天の拳 朋友】
死合の刻&天授の儀 合算確率:1/213.1(設定1)~1/172.1(設定6)
※引き戻し込み


ⓒ武論尊・原哲夫/NSP 1983, ⓒNSP2007 版権許諾証YKI-129 ⓒSammy

【デジハネPA北斗の拳 天破】
低確率 大当たり確率:約1/99.8(設定1)~約1/81.3(設定6)
高確率 大当たり確率:約1/43.5(設定1)~約1/35.4(設定6)
確変割合:60%(ST40回)
賞球数:1 & 3 & 4 & 10
ラウンド数:4R or 9R・9カウント
時短回数:25回 or 100回


関連記事