特集記事

特集記事内を

2019年09月02日
No.10001362

Niall Murray Chairman of Murray International Group
IR開業がもたらす経済波及効果  ~サプライヤーのビジネス機会
[INTERVIEW]ナイル・マーレー氏 マーレー インターナショナル グループ代表

ナイル・マーレー(マーレー インターナショナル グループ代表)/Niall Murray Chairman of Murray International Group

統合型リゾート(IR)の誕生が目の前に迫っている。IR設置は大きな経済波及効果が期待されるからこそ、地方自治体は誘致を目指している。どのIR事業者が選ばれようと、日本の事業者(サプライヤー)から膨大な量の製品・サービスを調達することになる。サプライヤーにとって大きなビジネスチャンスが生まれるのだ。IR誘致を推進している佐世保商工会議所でサプライヤー向けのセミナーを終えたコンサルタント、ナイル・マーレー氏に話を聞いた。〔文中敬称略〕 
text by Tsuyoshi Tanaka(Amusement Japan)

──今回の来日は、佐世保市や長崎県内の中小事業者向けのセミナーでしたね。IRが開業すれば、地域の事業者はサプライヤーとして大きなビジネスチャンスがあるわけですね。

マーレー マカオ、シンガポール、ラスベガスなどIRの導入に成功した国では、IRを、経済を刺激し、海外からの投資を引き寄せ、ビジネス旅行者および娯楽旅行者を増加させ、失業者を減らし、未開発の地域を活性化し、税収を引き上げる策であると見ています。日本もIRに同様の期待をしています。これは間違いありません。私自身がアメリカ、マカオをはじめ、数カ国で多くのプロジェクトに参加してきて、開業前と開業後の都市の変化を見てきました。

──日本ではIRの規模や地域への経済波及効果が具体的にイメージされていないかもしれません。

マーレー まず、IRの主要な特徴をご説明しますと、次の3つです。第1に、統合されていること。一流のカジノに、ホテル、F&B、MICE、小売店、ナイトライフ、スパ、レジャー、エンターテイメント、スポーツ施設、テーマパークが備わっています。第2に、幅広い客層への訴求。ゲーミング客とノンゲーミング客の両方へ。そして高額を消費するVIP層から、ビジネス旅行者、地元の人など幅広く集客します。第3に、大規模。施設そのものが非常に大規模であり、大きな先行投資を呼び込み、多くの観光客数を引き寄せ、税収、雇用創出の効果も非常に大きいのです。

IRは開発費が数十億ドル(数千億円)規模の大型リゾートです。世界の3大IRは、第1が「First World Hotel Genting Highlands in Malaysia」(7351室)で、これは日本の大規模ホテルの上位3つの客室を足したよりも多いのです。第2が「The Venetian & Palazzo in Las Vegas」(7117室)、第3が「MGM Grand in Las Vegas」(6852室)です。世界の大規模ホテルの上位50のうち、39施設はカジノ施設を持っています。このうち10施設がラスベガスに、6施設がマカオにあります。しかし、カジノ面積はごく一部です。現代のIRでは、ゲーミング以外の施設が総床面積(Gross Floor Area, GFA)のほとんどを占めています。GFAに占めるカジノの面積は10%未満ですが、これが重要な経済のエンジンで、一般的にはキャッシュフローの50%以上を占め、全体的な収益を押し上げ、他の施設への投資を促進させます。

(プロフィール) リゾートホテル、カジノ産業での30年以上の国際的な経験を持ち、開業前の運用開発、パフォーマンスの最適化、ゲストサービス標準の設計、運用手順、人事管理プロセス、トレーニングおよび開発を行ってきた。マカオのSands Macau、The Venetian Macau、MGM Macau、MGM Cotai、SJMで上級管理職を歴任。コンサルタントとして独立後、MURRAY INTERNATIONALでは、大規模な統合型リゾート、カジノリゾート、ホテルの戦略策定おび運用開発、パフォーマンスの最適化、開発~開業準備プロセスに重点を置いたコンサルティングを提供。日本ではIR誘致を進めている自治体の商工会議所にアドバイスを行っている。


IRの多くの部門が外部委託を必要とする

──IR実施法では、IR事業者はIR施設内の非常に多くの機能を一体として運営することとなっています。

マーレー 海外でも多くのIR事業者がIR施設を自社で運営していますが、たいていの場合、自社運営部門と外部企業へアウトソースする部門とを組み合わせています。IR事業者は、彼らにとって主要な核となるビジネスと収益源に集中する必要があるからです。彼らは主としてホスピタリティ、ゲーミング、およびMICEビジネス事業者です。これらのコア事業に焦点を当てるために、IR事業者はトップレストラン、有名シェフ、小売業者、SPAオペレーター、エンターテインメント提供事業者と提携し、多数のアウトソーシングサービス事業者に仕事を委託するのです。 現代のIRは一般的に72を超える部門で構成されます。これらの各部門が、それぞれの業務を成功裏に遂行し、最適なレベルのパフォーマンスを達成するために、外部の専門企業による支援を必要とします。

──日本のIRでもカジノ事業に直接的にかかわる部分以外では、外部への委託が認められそうです。

マーレー 運営の委託と同様に、調達、つまりサプライヤーの協力も必要です。IR企業が必要するサプライヤーの例を挙げると、造園、建築、インテリアデザイン、印刷、制服とリネンのランドリーとドライクリーニング、館内清掃、物流、機械類のメンテナンス、ITサポート、家具・什器・備品と消耗品・備品)の調達と供給、人材の採用(求人広告、人材紹介業、人材派遣を含む)などがあります。日本には多くのパチンコホールがあり、その運営にも多くのサプライヤーが関わっているはずです。そういったサプライヤーはIR施設にもサービスや商品を提供する、大きな機会があります。しかし、サプライヤーの間でも競争はあります。


──IRを誘致できれば、地域の事業者は待っていれば仕事がくる、というわけではないのですね。

マーレー IR事業者に選ばれることは簡単ではありません。IRは潤沢な資金があるので、製品やサービスの調達においても、その時点で調達できる最新で最も洗練されたシステム、プロセス、手法を採用するのです。選ばれる側が供給体制を、IR事業者の仕様やオペレーションにシームレス(継ぎ目がないようスムーズに)に適合させる必要があります。そのために私は、その地域のサプライヤーのビジネスチャンスを特定し、IRのニーズを満たし契約を勝ち取るために必要な製品とサービスを開発するサポートを行ってきました。 IR事業者のニーズと仕様を満たし、競合する事業者に勝つためには、自社の運用を変更したり最新のものにしたりするための設備投資も必要でしょう。しかし、パチンコ業界のサプライヤーも、取り扱い製品とサービスをIR事業者向けに調整する労力と費用を費やす価値は十分にあります。

IR周辺地域のレジャー・娯楽施設にも恩恵がある

──パチンコホールの中には、顧客が奪われるのではないかと心配する声もあります。

マーレー 私は世界各地で上級幹部としてまたコンサルタントとして、IRの開業準備に携わってきて、IRの開業がその地域の既存産業異を活性化する例を見てきました。私はパチンコ業界のサプライヤーだけでなく、ホールじたいも直接的な利益を得る可能性があると考えています。日本が想定しているIRの規模というのは、数千人の核となるメンバーを直接雇用します。さらに間接的にIRをサポートする事業のために同数の人々が雇用されます。シンガポールのMBSでは1万8000人が直接雇用され、その他に数千人がテナント店舗の従業員として働いています。直接雇用される従業員には高い給与が支払われ、手厚い福利厚生と年次有給休暇が与えられます。

しかし彼らは、自分が働いているIRでギャンブルをすることはできません。その代わりに、地域内でのレクリエーション、レジャー、娯楽活動に多くの時間とお金を費やすでしょう。地域のサプライヤーはIR事業者と取引することで業績は高まり雇用者を増やし、従業員の所得も増えます。パチンコホールが、こういった人々を惹きつける魅力を備えていれば、彼らの余暇を過ごす大事な場所となり、恩恵を受ける可能性が十分にあります。さらに、IRを毎日訪れる数万人の国内外の旅行者(たとえば、ベネチアン・マカオには毎日12万人が訪れます)も、ほんの一部にせよ、IRの地域都市にある、魅力的なパチンコホールに立ち寄る可能性があるでしょう。とりわけ外国人旅行者にとってパチンコは、日本でしか体験できない娯楽です。

──私はパチンコホールからIR施設への人材流失を危惧していますが、IR立地地域では、IR施設で働く人たちのための娯楽のニーズが高まることは間違いなさそうですね。

マーレー 間違いありません。IR開業はもう目の前に迫っていますし、IR開業がもたらす事業機会は無視するにはあまりに大きい。もしこの記事をお読みのあなたが、パチンコホール向けのサプライヤーか店舗開発に関わる事業者で、日本のIRのことをビジネスチャンスと意識していなかったとしたら、企業の戦略を見直すことをお勧めします。IRの開発規模、そこから生まれるアウトソースビジネスの規模、IR事業者のニーズ、要件、対応の仕方などを弊社から学べばよいのです。私はすでにいくつかの都市で商工会議所の会員企業向けにレクチャーを行い、彼らがIR企業と契約を獲得できるようサポートを行っています。今後数年のうちにIRと連携するには、いまから彼らの要求に応える準備が必要なのです。

Profile
Niall Murray specializes in large integrated resorts, hotels and casinos with a focus on strategic and operations development, performance optimization, human resource management, and in the pre-opening process.
Niall has over 30 years of international experience and has led pre-opening operations development, performance optimization, designed guest service standards, operating procedures, human resource management processes, training and development and created an exceptional work environment for several of the world’s most successful Integrated Resorts. Niall has held progressive strategic consulting and senior executive positions with MGM Macau and Cotai, SJM, The Venetian and Sands in Macau; The Venetian and Caesars Palace in Las Vegas; Four Seasons, Ritz-Carlton, Omni and Sheraton Hotels in the US and Canada; and the Disneyland Resort in Paris.


マーレー氏はアイルランドのダブリン出身で、トリニティ・カレッジで経営理学の学士を取得し、ダブリン工科大学でホテル、レストラン・ケータリングの経営について学び、国際経営学の経営学修士を修了。ニューヨーク、オンタリオ、パリ、ラスベガス、マカオなど様々な都市でカジノリゾートやマルチユースプロパティの開発を成功させてきた。
彼は統合型リゾートがサプライヤーに何を求めることになるのかを知り尽くしているため、日本でどの会社が統合型リゾートの開発・運営事業者に選ばれるかに関わらず、サプライヤーとなる日本企業に対していまの段階から必要なアドバイスをすることができる稀有な存在だ。
サプライヤーに選ばれるための、地域企業同士の競争はもう始まっているのかもしれない。editor=Tsuyoshi Tanaka


関連記事