ニュース

ニュース内を

2019年12月24日
No.10001516

サミーネットワークス
超ディスクアップのシミュレーターアプリ配信
Twitterキャンペーン実施中

サミーネットワークスは12月24日、シミュレーターアプリ『超ディスクアップ』の配信を開始。第一回P-SPORTS 超ディスクアッパー選手権で用いられる競技専用機が、大会に先駆けてアプリで遊べるようになった。

サミーが2020年2月22日に主催する同選手権は、目押し自慢の王者を決める大会。『超ディスクアップ』のビタ押しスピードや精度を得点化して競い合う。アプリでは出題されるビタ押しの種類やゲーム性を忠実に再現し、優勝するために欠かせない4つのポイント(スピード、正確性、連続性、スロ運)を体験できる。大会の優勝賞金は331万円。

スタート画面(左)とプレイ画面(中、右)

アプリのリリースを記念して、サミーネットワークスはTwitterキャンペーンを実施。PC・スマートフォン向けパチンコ・パチスロ総合情報サービスぱちガブッ!公式Twitterをフォローし、アプリプレイ後のスコア画面をスクリーンショットで撮影。その画像にハッシュタグ「#超ディスクアップアプリ」をつけてツイートすると、抽選で50人にAmazonギフト券1000円分が当たる。期間は1月6日正午まで。

キャンペーンを開催中

アプリはiOS、Androidに対応。価格は無料で、ダウンロードは以下のリンク先から。
■iOS版はこちら
■Android版はこちら
■アプリ公式サイトはこちら


関連記事