特集記事

特集記事内を

2020年04月13日
No.10001638

サミーネットワークス
朝の並び問題を解消
『777CON-PASS』導入で

管理画面の入場者一覧。タブレットで番号&本人確認できる

総設置台数278台のパチスロ専門店『エランドール田無店』(東京都西東京市)が昨年10月、サミーネットワークスのスマートフォンアプリ「777CON-PASS(スリーセブンコンパス)」を導入した。同アプリはユーザー向けながら、店舗メリットも大きい注目サービスだ。


無料のBtoCアプリ「777CON-PASS」は、パチンコ・パチスロユーザーの利便性を高めることと、失敗しないホール選びをサポートするために開発された。昨年9月に配信が始まるや、ダウンロード数は右肩上がりで伸び続けている。

ユーザーが支持する2大機能は、入場順を抽選する「入場抽選予約機能」と体験談を投稿する「ホールクチコミ機能」。前者は開店前に長時間並ぶストレスから解放してくれ、後者は有益な“共有情報”でホール選びをサポートしてくれる。

そんなユーザー向けアプリが店舗メリットにどのようにつながるのか。『エランドール田無店』の清水健康店長は次のように話す。

「私が最も感じているメリットは、朝の並びが解消できたことです。当店は駅前立地のわりに店頭の歩道幅が狭く、待機列はすぐに通行の妨げに。地域から苦情を寄せられることもしばしばありました」

多いときで設置台数以上の人が並ぶ同店。しかし店頭の歩道幅は、人がすれ違うだけで気を遣うレベルだ。店舗裏側の道路幅は3メートルほどあるが、その先には住宅地が広がっている。

店頭の歩道は狭く、人が立ち止まるとすぐに通りづらくなる

「とにかくお客様の並びの時間を短縮したかった。それが導入した一番のきっかけです」

同店の設定では入場予約したユーザーに対して、アプリが開店30分前に入場順を告知。スマホで順番を確認したユーザーは開店5分前に集合しても十分間に合うため、導入後は苦情が一切なくなったという。


さまざまな副次的効果も
 
入店に並び始める人は早くても開店10分前。清水店長は列整理に掛かる労力とコストも削減できたと話す。

「朝番のシフトを8人程度から5人程度まで減らせました。正直にいうと当店の規模で8人は、営業が始まってしまえば余剰人員。『777CON-PASS』は経費削減にも寄与してくれています」

このほかにも清水店長は、入店人数がほぼ正確に読めるようになったことや抽選時の公平性をメリットに挙げる。

「こんなにも優れたアプリが無料で使えるので、繁華街に立地する知り合いにも勧めました。このご時世ですから、スムーズな入店のためにも絶対に必要だと思います」



関連記事