ニュース

ニュース内を

2020年06月30日
No.10001803

苫小牧市 環境影響調査を公表 「100haの事業用地確保できる可能性」
統合型リゾート(IR)誘致

統合型リゾートの誘致を目指していた苫小牧市は6月、国際リゾート構想エリア内の動植物、地下水等の自然及び社会的な環境への影響について、「動植物や水環境の保全に十分に配慮する等の対策を講じることにより、調査対象区域内に少なくても 100ha 程度の事業用地を確保できる可能性がある」との調査結果を公表した。調査対象区域はIR施設誘致の候補地だった、千歳空港の西側の植苗地区。


関連記事