コラム

コラム内を

2021年07月16日
No.10002362

パチンコ必勝ガイド×APJコラボ企画
露出でカバー!? レオ子のコスプレ道/森本レオ子
コラム「パチンコ全集中!」連載⑦

Yahoo! JAPANで「森本レオ子」を検索すると、その予測変換のトップには「画像」と表示されます。どうやら自分はコラムや動画よりも、画像を求められているライターらしい。私は普段からエゴサーチをするタイプですが、こうやって自分のニーズを定期的に確認することは非常に有意義だと思っています。ヘコむこともしょっちゅうですけど。

話を予測変換に戻しましょう。「画像」の次に登場するワードは「離婚」。そしてその次が「旦那」でした。離婚に関しては一度目のことを調べたいのか、現在進行形でまた離婚危機に陥っているのではと疑われているのか、そこらへんはわかりませんがプライベートな内容について関心を持たれているようです。なんだかものすごく現役バリバリの女子ライターっぽい! 

そしてお次が「インスタ」。と、ここまではだいたいどのライターさんも検索されているような定番ワードが続いておりましたが、栄えある第6位にしてようやく私らしい予測変換ワードが飛び出しました。そう、「コスプレ」です。

ご存知の方もいるかとは思いますが、実はかれこれ10年くらい「レオ子のコスプレ道場」という企画をやっているので、そのイメージが強いんでしょうね。ちなみに企画内容はというと、私がパチンコ・パチスロ台に登場するキャラクターのコスプレをし、MCのヒロシ・ヤングさんと実もない話を繰り広げるというもの。本格的なコスプレを期待されると申し訳ないので先に言っておきますが、アレはコスプレというよりも仮装ですね。私が扮するキャラクターも『リゼロ』のラムのようなド定番から『フィーバー真花月』の鹿まで、かなり振れ幅は大きくやらせてもらっているので、当たりハズレがあり過ぎる点も醍醐味になっています(自分で言うか!)。

元々アニメやゲームが特別好きだったり、コスプレを趣味にしているわけでもないので、大変恐縮ですがコスプレをするキャラクターへの愛はかなり希薄です。裁縫もできないから本格的な衣装を自作することができず、キャラのチョイスは「やりたいかどうか」ではなく「できるかどうか」が基準。クオリティの平均値はかなり低いですし、そのクオリティの低さを時には露出でカバーしようとしている回もあります。自分で言うのもアレですが、そういうところがウケている面もあるかもしれません。

砂菜(ちび菜)のコスプレをしてみました

このところSNSでは「女性を売りにしたライター」についての議論が繰り広げられておりますが、もうお腹いっぱいですよね。私がやっているコスプレの仕事もそういう側面があるで、火の粉が飛んできたら面倒だなぁと毎日怯えながら過ごしています。ここでその話題に触れてしまうことが飛んで火にいる夏の虫でもあるのですが(笑)。

どうにもネットの世界は「論破したもん勝ち」の風潮が強過ぎるように感じられるんですよね。火の中に放り投げられてしまったが最後、自分の仕事の正当性を論理的に語れない者は退場しろとでも言われているようで、やりづらさを感じる場面が増えました。万が一渦中の人になってしまった際に、今すぐ講じられる対策は二択。ジェンダーにまつわる書籍を読み漁って理論武装をするか、「だから何?」と一笑に付せるギャルになるか。まずは人生初の日焼けサロンの予約から、一歩踏み出してみようかと思います。

※このコラムは毎月1回掲載します。

[こんな記事も読まれています]
森本レオ子のコラム「パチンコ全集中!」

連載⑥「コロナ後は年配ファンと海のオカルトトークを楽しみたい」
https://amusement-japan.co.jp/article/detail/10002322/
連載⑤「子育ては苦労が9割。あとの1割は!?」
https://amusement-japan.co.jp/article/detail/10002277/
連載④ 「私が食べた地方のグルメ」
https://amusement-japan.co.jp/article/detail/10002240/
連載③ 「パチンコ業界がTwitter一強の理由」
https://amusement-japan.co.jp/article/detail/10002193/
連載② 「パチンカーの私はどう見られているか」
https://amusement-japan.co.jp/article/detail/10002145/
連載① 「時代がDDに追いついたかも」
https://amusement-japan.co.jp/article/detail/10002092/