ニュース

ニュース内を

2019年02月21日
No.10001035

ひぐちグループ
eスポーツのプロゲーマーを雇用
「鉄拳7」のチクリン選手をバックアップ

長崎県を中心に九州一円でホール事業を展開するひぐちグループ(長崎県長崎市)は、日本eスポーツ連合がライセンスを与えているeスポーツのプロ選手と、雇用およびスポンサード契約を締結。2月12日に発表した。

家庭用ゲームの売買や書籍、文具の販売、CD、DVDなどのレンタル事業を手掛ける「遊ING営業部」に正社員として配属されるチクリン選手は、3D対戦型格闘アクションゲーム「鉄拳7」のプロライセンス保持者。18年10月にライセンスを取得する以前から活躍しており、19年1月に千葉市で行われたアジア選抜との国際チャレンジカップでは、日本選抜チームを優勝に導いた。

同社はチクリン選手が練習活動に専念できる環境を整えるほか、国内外の大会出場を全面的にバックアップ。引退後のセカンドキャリアも見据えているという。またスポンサードによって、長崎県内でのeスポーツの認知拡大、普及、発展を目指す。ゲーム大会の開催実績がある遊INGでは、eスポーツの情報発信基地となるイベント会場を創設する予定で、コミュニティの活性化を図るという。



関連記事