ニュース

ニュース内を

2019年10月31日
No.10001424

SUNCITY GROUP 太陽城集団
サンシティグループ 日本IR参入に自信 
和歌山県にIR計画を提案

和歌山IRのイメージパース

日本のIR入札に参加の意向を示しているのは、いわゆるIR運営事業者だけではない。カジノホテル事業者、不動産事業者、投資ファンド、そしてサンシティグループのようなVIP事業者だ。

10月24日から大阪で開催された「IRゲーミングEXPO」に参加したサンシティグループ(太陽城集団)は、日本では馴染みが薄いかもしれいが、マカオをはじめとしたアジアの諸地域でゲーミングビジネスを展開している数十億ドル規模の企業で、香港証券取引所に上場している。事業領域は、観光、映画制作、コンサートとイベントの企画、飲食店、高級品、オークション、リゾート管理とコンサルティング、金融、不動産開発、スポーツ開発および教育と多岐にわたり、ロシアのウラジオストック郊外にある大型カジノリゾート「ティグレ・デ・クリスタル」(Tigre de Cristal Resort & Casino、2015年開業)を所有する香港上場のサミット・アセント・ホールディングスの筆頭株主でもある。

サンシティグループの事業の中核は、マカオで「ジャンケット」と呼ばれるカジノへの送客とVIPルーム運営事業だ。ゲーミングビジネスとVIPの嗜好を熟知するアテンドサービスのプロフェッショナルで、現在、ベトナムのホイアンとダナン近くのホイアナに同社初のIR開発を進めている。敷地面積10平方キロメートルに造られるIRは2020年オープン予定。また、沖縄でも10万平方キロメートルの土地を取得し、ヴィラとプールを備えた高級ホテルを建設する計画を進めている。

サンシティグループのアルヴィン・チャウCEO


同社がいま注力しているのが和歌山県でのIR開発提案だ。IRゲーミングEXPOのために来日した創業者でCEOのアルヴィン・チャウ(Alvin Chau)氏は、「和歌山県をエンターテインメント伝統文化の集積地と再生する」という「統合型リゾートIR2.0」のコンセプトを説明するとともに、同社が持つ舞台芸術、映画製作やスポーツイベントのノウハウが活かせるとアピールした。また、同社のプレミアム会員顧客15万人にハイクラスなオーダーメイド旅行を提供してきた実績と旅行商品を販売する独自のプラットフォームによる誘客力も強みだという。

チャウCEOは、和歌山IRの開発にあたり、世界で多数のIR建築をデザインしてきた国際的なデザイン事務所Aedasと提携すると説明。Aedasはマカオの「ベネチアン・マカオ」「サンズ・コタイ・セントラル」、シンガポールの「マリーナベイ・サンズ」などを手掛けた。


[関連記事]
▽IR開業がもたらす経済波及効果  ~サプライヤーのビジネス機会
 https://amusement-japan.co.jp/article/detail/10001362/
▽和歌山県 IRシンポジウム開催 ~県民に和歌山IR構想を説明
 https://amusement-japan.co.jp/article/detail/10001353/
▽バリエール(仏)、和歌山に主眼を置く ~ジャン・レノ氏をブランド大使に起用
 https://amusement-japan.co.jp/article/detail/10001186/
▽和歌山 IR ビジネス構築セミナー開催 ~県・商工会議所が後援
 https://amusement-japan.co.jp/article/detail/10001011
▽和歌山県 IRに関する投資意向調査(RFI)募集
 https://amusement-japan.co.jp/article/detail/10000776/


関連記事