ニュース

ニュース内を

2019年11月01日
No.10001433

遊技産業健全化推進機構
推進機構 立入検査 1530店舗
上半期で年間目標達成

遊技産業健全化推進機構が今年度上半期(4月1日から9月30日)に実施した立入検査店舗数は、51都府県方面の1530店舗(うち201店舗は計数機検査)だった。検査遊技機数はパチンコ4975台、パチスロ5477台、検査計数機数は玉計数機185台、メダル計数機16台。
前年同期比で検査店舗数は約138%、検査遊技機数は約140%、検査計数機数は127%。今年度の目標店舗数である1500店舗を半年ですでに達成した。機構はこの要因を、「依存防止対策調査の開始が遅れていることによる」と説明。
なお上記の立入検査の実績には、遊技機性能調査の結果を含んでいない。


関連記事