ニュース

ニュース内を

2020年01月23日
No.10001543

遊技産業健全化推進機構
健全化推進機構 第3Q 立入検査2169店舗

遊技産業健全化推進機構は1月21日、2019年度第3四半期(4月1日から12月31日まで)の立入検査店舗が51都府県方面の2169店舗だったと公表した。検査したパチンコ機は7135台、パチスロ機は7989台、計数機は256台。
立入検査店舗数は、前年度同期に対して126%、今年度通期の目標店舗数1500店舗に対してすでに145%の達成率。これは当初見込んでいた依存防止対策調査の開始時期がずれ込み、まだ開始されていないため。
この立入検査の実績は、2015年6月から開始している遊技機性能調査の結果を含まない。


関連記事