ニュース

ニュース内を

2020年04月16日
No.10001650

ネクステリア
ホール向けM&Aサービスを開始
経営改善をしながらベストタイミングでの売却を実現

「それぞれのホール法人様に最適なM&Aをご提案します」(森本社長)

新型コロナウィルスの感染拡大により、緊急事態宣言が発令され、経済状況の悪化から業績不振が心配されるホール業界。その一助となるべく、「先行きが見えない」「後継者がいない」という会社向けに業績支援会社が新事業を展開する。

ホール業界に特化したAIデータ分析で店舗業績アップ支援を行うネクステリア(東京都港区・森本耕司社長)は、M&A Bizと業務提携を結び、「パチンコ店向け業績改善支援付きM&Aサービス」を開始する。「店舗売却は最終手段」という考えが主流のなか、今までの店舗ノウハウや雇用を守りながら、さらに上を目指す発展的M&Aサービスを前提としている。

ネクステリアは、全国8000店の店舗データを分析した独自戦略により、地域1番店を53店舗創った実績から、業績改善をして企業価値を高めながら最適なタイミングでのM&Aを目指す。「自店と自社スタッフにとって最適な将来展開を望まれたり、店舗価値を最大限に高めることで売却を成功させたいホール法人様にご活用いただければ」(森本社長)

詳細はネクステリア(TEL.03-3769-0156)へ。


関連記事