ニュース

ニュース内を

2020年12月21日
No.10002071

ネクステリア
「みんなの頭取り」の普及率90%をめざす
進捗状況と月額800円の申し込み期間延長を動画で発表

ネクステリアは12月21日、「みんなの頭取り」の来年2月のサービス開始に向けた最新情報を動画で発表した。

動画演者として登場したネクステリアの森本社長は冒頭で、「みんなの頭取り」のシステム構築の理由を次のように述べた。

「仮に従来のシステムを10店舗導入しているホール法人様が『みんなの頭取り』に切り替えると5年間で、3000万円弱の経費削減が可能。ネクステリアの利益はほぼないが、業況が厳しい中、“業界価格”を是正することで業況回復に貢献したいと思った」

「みんなの頭取り」は、9月20日の発表から1カ月後に全国売上げランキング上位50社のうち25社から賛同や注文を受けた。現在は、東日本の売上げ上位20社のうち、7割の14社が加入。1都3県(東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県)では、50%が加入したという。



「全体の50%(①)にあたる既存のシステムに加入しているホール様の97%が、『みんなの頭取り』に賛同、または加入してくださっています。全体の残りの20%(②)は全国データとして自店の情報を公開されるのを嫌い、どのシステムにも加入していません。あとの残り30%(③)は、価格が高いため未加入です」

森本社長は、『みんなの頭取り』の加入率9割を目指すことをこの動画で宣言した。①の97%に加え、②の70%、③の80%が加入するとすれば、48.5%+14%+24%=87%(小数点以下四捨五入)になることが、目標値の算出根拠だという(下の画像参照)。

他のエリアのサービス開始日は「みんなの頭取り」の公式サイトなどで随時発表していく

「みんなで一緒になって成功に導いていくのが『みんなの頭取り』の趣旨。月単位で契約ができ、解約の縛りやペナルティもありません。金額的な負担が小さいので、『法人名ではなく、自分の口座名義で申し込みできますか』という問い合わせがあるくらいです」

森本社長は、2月1日のサービス提供は全国一斉ではなく、1都3県から開始し、順次他エリアに広げていくことも発表した。これに伴い、12月20日まで月額800円で21日以降は値上げを予定した利用料金も、2021年6月20日を最長に月額800円の申し込み期限を延長する。





関連記事