ニュース

ニュース内を

2020年05月14日
No.10001725

ユーコーラッキーグループ
ユーコーが休業店舗で献血活動

九州を中心にホール29店舗を運営するユーコーラッキーグループ(福岡県久留米市)は、『ユーコーラッキーゆめパーク久留米店』の駐車場で5月1日と4日の2日間に分けて献血活動を行った。同店は4月7日に発令された緊急事態宣言を受け翌日から協力休業していた。

同社は福岡県赤十字センターに対し、協力休業中の店舗駐車場を献血会場として提供。同社の従業員や取引先、一般来場者が訪れた献血は、2日間で合計259人に上った。

献血の様子

同センターは新型コロナウイルス感染拡大により、予定していた献血活動が延期または中止になるなど献血の実施が困難な状況に陥っており、「相手先の方から声がかからない中で、大きな助けになった」としている。

また、この活動は複数のメディアに取り扱われた。初日の取り組みがSNS上でも拡散され、2日目には一般の来場者比率が6割に達し、全体の受付者数も約40%増加するなど注目を集めていた。

『KBC 九州朝日放送』の取材に応じる久留米店の北川武士マネージャー


写真提供/株式会社ユーコーBEX


関連記事